×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
原則 運転 取引 小さな 放題 ルーキー スヌーピー 人々 使用 壁紙 被害 古書 上田 基本 間接 負い 実施 ゴールド 有料 損害 執行 解除 最新 購入 積雪 大切 科学 質問 重なり 後で

郵便とは?/ プロミス

[ 116] 郵便貯金金利
[引用サイト]  http://www.irniknikoytnibuuy.com/

郵便貯金金利が引上げられました。通常貯金だけではなくて、定期預金、定額預金の金利も上がりました。今回の
ご紹介します。また郵便貯金の金利過払いや、銀行との比較についてもお話する計画です。また郵政公社(郵便局)のホームページのご紹介もします。
郵便貯金の金利と、銀行の金利を、1年ものの定期でランキングした結果です(2008年4月14日現在)。1年ものを選んだ理由は、短期の1年ものであれば、金利上昇のリスク、インフレのリスクにも対応できるからです。
すぐに預入を決めるよりも、キャンペーンを待って、より高金利な条件で定期を組んだ方がよい場合もあるので、情報収集は大切です。こちらの 定期預金のキャンペーン もご参考ください。
・高金利のランキングでは、顔なじみの銀行。ネットバンクの中でも、金利の高さでは常に1位、2位を争う。
・ゴールドラッシュプログラムにより、自分のイーバンク口座に他の金融機関からの振込があった場合、その振込件数に応じて対象となるイーバンク銀行の口座へ現金がプレゼントされる。
・インターネット銀行の中でも常に高金利なので、その恩恵を得たい人。また給与振込など、他の銀行からの振込が多い人。なぜなら手数料無料で使える振込の回数が増えるから。インターネット銀行でも、振込手数料が無料の銀行はないので、このしくみが活用できれば、かなりお得。
・「Yahoo!ネットバンキングのサービス利用料が無料」「ヤフオクの代金の支払い・請求が簡単」など、総じて、ヤフー利用者にとっての利便性が高い。よってヤフーをよく利用する人。
・積極的にキャンペーンが催されている。現在は振込手数料無料キャンペーン中で、2008年6月30日(月)まで他行宛の振込の手数料が月に3回まで無料。
・銀行と証券会社の機能を融合させて使うことができ、非常に利便性が高い。よって、証券会社(SBIイー・トレード証券)を利用する人。
・1米ドル当たり25銭など、外貨の為替コストが一般の銀行に比べて安い。また外貨預金の残高が所定の条件を満たすと、通常よりも高い金利、低い為替コストで利用できる外貨預金優遇制度がある。
銀行口座としての使い勝手は、普通の銀行とは若干違う。よって銀行口座としての利便性よりも、とにかく高金利の定期預金を求める人。
・「ダイレクト預金」と「eダイレクト預金(インターネット取引専用の預金)」があり、eダイレクト預金がとりわけ高金利。
・知名度は大手ほどではないが、定期預金が高金利なのは事実。預金も都市銀行などと同じく1,000万円までは預金保険制度の対象となる。また中途解約しても元本割れはしない。少数派となっても、良いものであれば躊躇しない人に向いている。
(注) 本サイトの情報はあくまでも参考と考え、預入の際は該当する金融機関で情報を確かめてください。本サイトの情報によって不利益を得た場合も、本サイトには一切の責任がないものとします。
郵便貯金金利の一覧表を探したのですが、なかなか見やすいものがありませんでした。そこで、郵便貯金金利の一覧表を下記のようにテキストファイルの形式ですが、書いてみました。
郵便貯金金利の一覧表があるといろいろと見比べられて便利です。郵貯の商品の金利の僅かな差も、すぐに分かります。もちろん、銀行の商品との比較もすることができます。ぜひこの郵便貯金金利の一覧表を有意義にご活用ください。
郵便貯金の定期預金と定額預金の金利のトピックは前回から始めて、前回は定額預金の金利についてお話をしました。そこで今回は、その続きで、郵便貯金の定期預金の金利について書きたいと思います。
郵便貯金の定期預金と定額預金はともに人気商品で、金利が気になる人は多いと思います。また郵便貯金は定期預金と定額預金だけではありませんが、まずこの2つをよく知ることで、他の商品の理解も進みます。あまり詳しくない人も、この表をいちどじっくりと眺めてみてください。
3月5日から郵便貯金金の上がり、定額と定期の金利もそれにつれて上がりました。郵便貯金金利が上がったのだから、定額と定期の金利も上がるのは、当然といえば当然です。
郵便貯金金利、それも定額貯金の場合は、3年で最高の0.35%まで金利が上がり、そしてその半年複利で、利息がついていくということになります。
今回は、郵便貯金金利が上がり、定額と定期の金利はどうなったかという話題でした。今回は定額貯金の金利についてお話したので、次回は、定期預金の金利についてお話をしたいと思います。
郵便の定期貯金と定額貯金を知らない人は、あまりいないのではないでしょうか?自分が預入はしていない人でも、郵便の定期貯金と定額貯金の存在は知っている、名前は聞いたことがある、そんなケースが多いのではないでしょうか。
それほど、郵便の定期貯金と定額貯金には知名度と人気があります。というかありました。ありましたと書いたのは、長く続いた低金利時代のおかげで、郵便の定期貯金と定額貯金の人気はかなり地に落ちてしまった感があるからです。
長期間を複利で預けることのメリットがこれらの商品の人気の一つだったといえると思いますが、金利があまりにも低いので、それらの長所が全然感じられなくなってしまったからです。またこれから金利は上昇傾向にあります。金利が上がっているときのセオリーは、期間の短い商品に預入をするということです。そんな点から考えても、郵便の定期貯金と定額貯金の人気が復活するのは(もし復活をするのなら)、まだ先だと思われます。
けれども金利が引き上げられたおかげで、郵便の定期貯金と定額貯金が銀行の商品に比べて、劣っているということはなくなりました。これからどんな動きを見せてくれるのかを、見守りたいと思います。
これからは郵便貯金金利の推移がどのようになっていくのかは分かりません。けれども郵便貯金は人気商品を多く抱えています。定額貯金、定期貯金(スーパー定期)などは誰しも知っています。郵便貯金金利の推移がこれからも私たち利用者にとって嬉しい方向に動いて、バブル前のように定額貯金に10年預入をすると、元金の3倍になって戻ってくる、そんな世の中になってくれると嬉しいですね。
郵便貯金金利の推移と題して話を進めていますが、ここでちょっと役に立つホームページをご紹介しておきます。
これは本郵政公社のホームページにある検索エンジンです。キーワードを入れると、そのホームページ内の郵便貯金に関するさまざまな情報を探し出してくれます。
金利(郵便貯金)のブログです。金利といっても郵便貯金について的を絞ったブログです(郵便局のファンですから)。
前回、金利が郵便貯金でも200年3月5日から上がったと言いました。具体的には、通常貯金は0.11%から0.21%になったわけです。それにつれて、定額貯金も定額預金も金利が上昇しました。これらの商品については、また別の機会に詳しくお話をしていく予定です。
金利それも郵便貯金のものが上がると、とりわけ嬉しいという方は多いのではないでしょうか?自分の話になってしまいますが、私の家族も祖父母の世代から、父母、そして私と、皆がゆうちょを愛用しています。なので金利も郵便貯金のものが一番気になります。保守的といわれるかもしれませんが、それが現状です。
私の場合は、定額貯金も定期預金(スーパー定期)にも預入しています。ですので金利は郵便貯金のものが一番気になるし、銀行の商品ともよく比べます。金利(郵便貯金)がこの度、上がりましたが、これがこの先も継続的に続くような世の中になれば嬉しいかもしれません。
私の祖父はバブルがはじける前の金利が高いとき、郵便貯金でかなり儲けたクチです。ですので、同じ金利でも、郵便貯金の金利がとくに気になるわが一族です。
郵便貯金金利が動きました。郵便貯金金利がどのように動いたのかと言うと、大手の都市銀行よりも0.01%高い設定という形で、郵便貯金の金利が決められたわけです。
私のように郵便局ファンの人は、この金利の上昇をとても嬉しく思ったと思います。いくら郵便局が好きだからといっても、郵便貯金金利が低いままでは、なかなかその商品を継続して利用する気にはなりません。
金利の上昇はやはり銀行が先んじて動きました。私の住まいの近くにも、UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、十六銀行などが軒をつらねています。やはり金利の高いそちらに目がいくのは、人間として当然だと思います。私もついフラフラとそちらに足が向きかけました。
けれども私の記憶が正しければ、2007年の3月2日に郵政公社は金利をあげると発表をして、2007年の3月5日から郵便貯金金利は実際に動きました。定期預金も定額預金も全部あがりました。この郵便貯金金利の上昇(というほどではありませんが)、にホッと胸をなでおろした心境です。
この「郵便貯金金利」というブログでは、そんな私が郵便貯金金利にフォーカスをして、いろいろと書いていきたいと思います。郵便貯金の金利に関心のおありの方に読んでいただければ幸いです。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。