×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
天気 サービス 相互 獲得 スタート 明細 生涯 特典 所在地 ありのまま アンダー 何らかの crBlueBorder 各種 概要 年間 アカウント として 自然 携帯 結果 ウェッブキャッシング nMONITORLOAD ジャスティン 数字 setHandler 限度 ポリシー ユニマットレディス 出演

賞金とは?/ プロミス

[ 306] ラジオNIKKEI「加藤友理の経済教室」日経平均株価当てクイズ アイディーオー証券
[引用サイト]  http://www.ido-sec.co.jp/nk/

下記の「クイズに応募する」ボタンをクリックし、解答、メールアドレス、ハンドルネームなどの必要事項を入力の上、お申込みください。
※解答は、円の位までを入力して下さい。銭の位まで入力された場合、小数点以下を切捨て、解答とさせていただきます。
当社HP内に、正解及び正解者のハンドルネームを掲載いたします。正解者には、応募時に登録いただいたメールアドレスに別途ご連絡させていただきます。
正解者がいない場合、賞金の22,500円はキャリーオーバーとなり、次週以降の賞金に加算されます。尚、賞金額の上限は合計で10万円までとさせていただきますので、予めご了承ください。
※複数のメールアドレスで応募されるなど不正な手段が明らかになった場合は、賞金獲得の権利を失うものとします。
※正解確定後、2週間以内にメールでご連絡が取れない場合、応募自体を無効とさせていただきます。また、無効となった賞金は、無効となった次週以降へキャリーオーバーさせていただきます。
※賞金はご当選されたお客様へ銀行振込でさせていただきますが、お申込者以外の名義には振り込むことができません。
株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、信用取引は委託保証金の約3倍までのお取引ができるため、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
証券オンライントレードのスタンダード・コースの場合の手数料は1注文毎に472円、デイトレ・コースの場合は1日の約定約定代金合計が400万円毎に2,100円になります。証券コールセンター取引の場合は1注文ごとの約定代金に対し最大80,000円の売買手数料をお支払いいただきます。信用取引には、上記の売買手数料の他、1銘柄最大1ヶ月1,050円の管理費や、金利等をお支払いいただきます(金額は全て税込)。実際のお取引に際しては、「契約締結前交付書面等」及び「証券取引約款・規定集」等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。
株価指数先物取引は、元本が保証された商品ではございません。取引金額が証拠金の額に比べて大きいため、価格の変動等により、投資資金以上の損失が生じる恐れがあります。お取引に際しては必ず「契約締結前交付書面」「お取引概要」等をお読みになり、お取引の仕組み・ルールを十分にご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。また、株価指数先物取引口座開設の際は、当社の定める基準による書類審査及び電話面談を行ないます。
マスターFXは証拠金取引であるため、実際の取引金額が証拠金の額に比べて著しく大きく、為替レートやスワップポイント(金利差調整分)等がお客様の建玉に対して不利な方向に変動した場合、短期間のうちに大きな損失が生じるおそれがあり、お客様が預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。
マスターFXに係る取引証拠金の額に対する実際の取引金額の割合(レバレッジ比率)は、約定レート、レバレッジコース及び通貨ペアによって異なりますので、現時点ではレバレッジ比率を明示することはできませんが、おおむね2倍〜200倍となります。
マスターFXは損失の拡大を防ぐためにストップロス制度を採用していますが、休日を挟んでの取引など、為替市場や金利市場等の相場が急激に変動した場合、ロスカットされるべき水準より不利な為替レートで決済されるおそれがあり、お客様が預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。
為替レートの売値と買値には価格差(スプレッド)があり、通貨間の金利情勢等を反映してスワップポイントの受払いが行われます。スワップポイントは金利情勢等の変動によって受払いが逆転する場合もあり、その結果、損失が生じる場合があります。
差金決済の場合1取引単位につき片道100円〜1,000円(デイトレードの場合、決済時の手数料が無料。デイトレードの適用は、新規建玉を当日のNYクローズまでに差金決済する取引が対象)
お取引を始めるに際しては、「取引ガイド」及び「約款・規定集」等をよくお読みになり、お取引の仕組み、リスク等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。
商品先物取引は、実際の取引金額が取引本証拠金の額に比べて著しく大きく、商品相場がお客様の建玉に対して不利な方向に変動した場合、短期間のうちに損失が生じるおそれがあり、預託している証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。
取引本証拠金の額に対する取引金額の割合は、商品や約定値段によって異なりますので現時点では明示できませんが、概ね10倍〜30倍となります。また、お客様が最初に預託する取引本証拠金の額は商品により異なり、最高額は1枚当り18万円です。ただし、その後の相場の変動によっては追加の預託が必要になる場合もありますのでご注意ください。追加に必要となる証拠金の額は、商品や相場の変動によって異なります。
取引手数料は商品によって異なり、片道1枚当りの取引手数料は190円〜380円です。また、デイトレードの場合は決済時の取引手数料が無料となります。
上記の取引本証拠金及び取引手数料は平成20年4月1日現在です。詳しくは当社ホームページ又はお電話にてご確認ください。
お取引を始めるに際しては、「委託のガイド」及び「受託契約準則」等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。
当社ディスクローズ資料は本店および日本商品先物取引協会(本部・支部またはホームページ)で閲覧できます。

 

[ 307] あなたの投稿に賞金5万円が! | Web担当者Forum
[引用サイト]  http://web-tan.forum.impressrd.jp/about_reward

Web担当者Forumは、編集部が記事を出すだけのサイトではありません。ウェブ担当者であるあなたの意見や経験、情報がサイトを作ります。そして、あなたの投稿した記事が他のウェブ担当者の役に立てば、その記事に対して賞金が贈られます。
※ここでは便宜上「賞金」という表現を使っていますが、実際には、人気記事を書いたあなたに対して、その記事の原稿料が支払われる形となります。
スクリプトやプログラムなどによる自動アクセスは、閲覧数計算の対象から除外されます。その他、賞金の獲得が不適切であると編集部が判断した場合は、賞金の獲得は無効となります。
賞金を獲得するためには、Web担当者Forumにユーザー登録して、登録ユーザーとして記事を投稿する必要があります。ユーザー登録をしていなかったり、ユーザー登録をしていてもログインせずに匿名の状態で投稿された記事に対しては賞金は発生しません。
賞金は銀行振り込みを原則としますが、獲得者の希望に応じて、PayPal振り込み、Amazonギフト券、はてなポイントなどの形でお渡しすることも可能です(ご希望のお渡し方法に対応できない場合もあるため、あらかじめご了承ください)。
賞金獲得の対象となったユーザーには、登録されているメールアドレスに対して編集部からメールで振込方法や住所などの情報を尋ねるメールが送られます。この際にメールが不達だったり、1週間程度の時間を経ても必要な情報が返信されなかったりした場合は、残念ながら無効となります。ユーザー情報は最新の状態に保ってください。
賞金を獲得した記事を書いた人には編集部から別途原稿執筆のお願いをする可能性があります。ただし、賞金を受け取ったからといって、原稿執筆の依頼を受ける義務はなく、依頼を断ることも可能です。
賞金獲得の対象となるのは、その月に投稿された記事だけではありません。過去の記事も含めて対象となります。
人気を集めた理由に記事本文だけでなくコメントが多大な寄与をしていると判断された場合は、記事本文の投稿と、そのコメントの両方に対して賞金が贈られる場合もあります。
編集部から依頼されて、編集部以外のユーザー(雑誌筆者など)が執筆した記事は、賞金獲得の対象となります。
地デジなどのメディアでもようやく叫ばれて、古くは草の根掲示板(BBS)から派生して、Web業界では、BlogやSNSなどへとめまぐるしく変わってきていますが、サイト内の参加というのはあまりメジャーじゃないというか、Webマスターやサイト運営に携わってる人とは蚊帳の外というか別世界というか、、、
IT技術では、@ITのようなコア(専門的)なサイトもありますがジャンルが固定されて敷居が高く感じてしまいROM専門になってしまうように思います。
で!思うのが、Webサイト内でのユーザーが直接、実際に活躍しているトキの人たちの意見や考えを投稿などで知るだけでなく、もっとやりとり(交換)のできるものだったり、実際にユーザーが聞きたい事を例えば、代理で御社の編集員がインタビューしてその結果をサイトで報告したり。。。
そのようなサイトであれば実際に自分自身も参加している、いわば”参加型Webサイト”の草分け的なものになるかも(笑)って思うのです。
あとは、よくイベントなどでも行われるパネルディスカッション風なものをサイト上で行い、もちろん!ユーザーも参加可能であったり。。。
うまくみなさんに参加していただける仕組みを編集部で考えるとともに、仕組みを考えるところからみなさんのお力を借りられるようなものにしたいと思っています。たとえば、はてなアイデアのような仕組みですね。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。