×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
写真 showYesButton にあたって 利率 違っ primeAdTermsAndConditions アンダー 残っ ダウンロード により 競馬 信用 日本経済新聞社 イコール personalization ウェブサイト 人々 松坂 相互 イベント 出費 primeAdTermsAndConditions 貸金 出場 周辺 命題 見る 指標 払戻し トレーニング

更新とは?/ プロミス

[ 393] YAMDAS現更新履歴
[引用サイト]  http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/

うーん、オライリーの言いたいことは分かるが、ことこれに関しては「検索市場に競争は必須だ」というマイケル・アーリントンのほうに説得力を感じるね。検索こそが Web 2.0 のすべてでないにしろ、キーであることは間違いないんだし。
一般には『トッツィー』や『愛と哀しみの果て』といった作品で語られるのだろうが、正直言って、この人の上記の代表作とされる監督作品は特に好きじゃない(『トッツィー』は子ども心に楽しめたが、今ならばどうだろう)。
前にも書いたことがあるが、この人監督より役者としてのほうが才能あるんじゃないの? というのは彼の優れた作品を観てないからか。
それでもウディ・アレンのひょっとしたら最高傑作な『夫たち、妻たち』、そしてスタンリー・キューブリックの『アイズ・ワイド・シャット』といずれも堂々たる演技だった。
思えばキューブリックの遺作『アイズ・ワイド・シャット』は、階級社会を押し出した演出でなければウディ・アレンが撮ってもおかしくない映画で、事実、キューブリックはアレンへの出演依頼を考えていたという噂話を読んだことがある。
ハーヴェイ・カイテルの降板を受けてシドニー・ポラックをキャスティングする際、キューブリックの頭の中にはアレンの映画があったのではないかとワタシは勝手に睨んでいる。
そんなにすぐに再リリースするぐらいならはじめからこの値段にしとけばとも思うが、値段が下がるのはありがたいことだ。
そうそう、『ザ・プレイヤー』にもシドニー・ポラックは映画スタジオの弁護士役で貫禄をみせている。
劇場公開時のパンフレットから引用すると、「二人の監督が現場を仕切ることになったので、パーティ・シーンの撮影はスムーズにいった」と普通の監督ならプライドから絶対言わないようなことをアルトマンは語っており、そのあっけらかんとしたところが彼らしい。
■ロバート・ラウシェンバーグがジャスパー・ジョーンズとの関係について語る1990年のインタビュー
そういえば CUT における山形浩生の連載終了について書いて一年経つが、この当時はこの雑誌も今より尖った印象があった。
ラウシェンバーグのインタビューも、「わたしは常に自分の作品が――スタジオ内で何が起ころうとも――窓の外で起こっている諸々と似通っていて欲しいと思っていた。今もその気持ちは変わらない」などの力強い発言、自分の作品の値段が上がりすぎちゃって自分でも買えないよと内輪の冗談を言うんだよね、といった現代アートビジネスを考える上で興味深い話が読めるが、ワタシの場合(下世話な意味も含め)ジャスパー・ジョーンズとの関係について語っているところにやはり目がいく。
「抽象表現主義に染まらなかったのは、わたしたちふたりだけだった。取り立てて反対はしなかったけれど、そのスタンスには全く興味が持てなかった。思うにふたりとも、彼らのアートには主情主義の色が強すぎる、と感じていたんだろう。それに、そう、わたしはストリートに出ていたし、ジャスパーは自分の心に入っていた。わたしの最初のブレイクは、誰も真面目に取ってくれなかったことだろうな。(中略)ジャスパーも真面目に取ってもらえなかった。一方わたしは道化師と思われていた。ふたりとも、とっつきのいい無害な変人だったんだ」
――前にも、あなたとジャスパーの関係について話したことがありましたね。あなたとしては、どの程度まで公表してもさしつかえないとお考えなんですか? ゲイのアーティストとその作品を抑圧する風潮がはびこる今この時こそ、堂々と喋るべきなのではないかと……。
「わたしとしては、そっとしておいた方がいいと思う。別にわたしとジャスパーが、アーティストとして、また一個人として、愛し合っていたことを認めるのはやぶさかじゃないし、お互いがそれぞれの人生で一番大切な人間だった時期については、罪の意識も葛藤も感じてないよ」
「社会的な意味の。かつては優しく、感じやすかったものが、ゴシップになってしまった。アートの世界にとって、ふたりの有名かつ有望な若者が恋愛関係にあるというのは、まったく未知の経験だったのさ」
企業内で面白いブログを書く人はぼちぼちいるが、オフィシャルな企業ブログで面白いものというのはあまり考えたことがなかった。
日本企業の場合、社長ブログのようなものは特にウェブ関係企業で多いが、企業のオフィシャルなブログでしかも面白いものとなるとこうしたリストは作れるだろうか。
ウィキペディア日本語版、その運営は謎に包まれている。本書では、ウィキペディアのまつわる疑問を明らかにし、さらにはソーシャルメディアが抱える問題に切り込んでいく。
映画史上に残るベストファイトを挙げているが堂々の一位がジョン・カーペンターの迷作『ゼイリブ』なのが嬉しかった。文句なし。
サングラスをかける/かけないという傍目からみたらどーでもいいこと(もちろん映画上は重要なんですが)でおっさん二人が延々と延々と延々と真面目に殴り合い続けるというボンクラさが最高である。
本屋で何気に中央公論を開いてみたら、「時代を作った人」とかでヒロ・ヤマガタの写真が載っていてうげっとなった。
ちょうどビル・ゲイツのインタビューが公開されているが、彼は1986年時点でプログラムは書かなくなってたんだね。
この本は『実録!天才プログラマー』として邦訳が出ているが、マーケットプレイスでは叩き売り価格ですな。
少し前にネットレイティングス調査によるブログサービスの利用者数ランキングについて書いたことがあるが、同じく日経夕刊(5月19日)の「サイト東西南北」で今回は質問回答サイトのランキングが載っていたのでご紹介。
ただし最も伸び率が高いのは OKWave の3.5倍で、昨年同時期の調査では大体同じだったはてなに対して利用者数を大きく差をつけており、端的に言えば、「質問回答サイト」というカテゴリで、最初にはてなの名前を出すのは、他の上記サイトに失礼である――というのは言いすぎです。
はてな利用者数の伸び率の1.5倍を着実な増加ととるか伸び悩みととるかは意見が分かれるところ。
すごいよね。これでパティ・スミスの70年代の活動全部と80年代末のプチ復活までのアルバムを網羅できるんだから。
以前にも無料で合法的に音楽をダウンロードできる代表的な10のサイトを紹介したことがあって、それと重複もあるが、こういうのは広がってほしいので構わず紹介しておく。
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。本文以外の著作物(画像、動画、引用部、コメントなど)は、それらの著作権保持者に帰属します。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。