×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
について オグシオ 藤田 含め ライフプレイカード グループ 日本 日刊スポーツ新聞社 後見人 dynUpdate あなた 回り 少女 金メダル ギャラリー 貯め 動作 相互 ウェブサイト 共通 誕生 周辺 利子 または 毎回 runThisWhen 電話 をもって 武富士 返し

振り切っとは?/ プロミス

[ 329] CYCLINGTIME.com : スプリンターを振り切ったカンチェラーラが劇的勝利
[引用サイト]  http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=5817

2007年7月10日、ツール・ド・フランス第3ステージが行なわれ、マイヨジョーヌを着るファビアン・カンチェラーラ(スイス、CSC)がラスト1kmで飛び出し、スプリンターの追撃を振り切ってゴールに飛び込んだ。圧勝したプロローグに続き、カンチェラーラはこれがステージ2勝目だ。
この日の第3ステージはベルギーのワレヘムからフランスのコンピエーニュまでのフラットな236kmで行なわれた。「北の地獄」または「クラシックの女王」と称されるパリ〜ルーベのコースを一部通過するが、パヴェ(石畳)区間は通過しない。
3つの中間スプリントポイントが設定されている今大会最長のステージで、山岳ポイントはゴールの34km手前に設定された4級山岳のみ。スプリンターが遅れるような登りとは言えず、逃げた選手とスプリンターによる大混戦のステージバトルが繰り広げられた。
前日の悪天候からは一転、この日の第3ステージは好天に恵まれた。選手たちはゆっくりとしたペースでワレヘムをスタートし、6km地点でニコラ・ヴォゴンディ(フランス、アグリチュベル)とマチュー・ラダニュ(フランス、フランセーズデジュー)の2人が早くも抜け出した。
メイン集団はこの2人を追う気配を見せず、ヴォゴンディとラダニュはアドバンテージを広げながら逃げ続けた。ヴォゴンディとラダニュは瞬く間にタイム差を広げ、気づけば44km地点でこの日最大の13分50秒のアドバンテージ。メイン集団は談笑ペースでレースを進めた。
平坦ステージではあるが、236kmの長丁場とあってペースは上がらない。レース2時間目の平均時速は30.7km/hを記録するなど、逃げもメイン集団もゆったりペース。長年ツール・ド・フランスのレースディレクターを務めたジャンマリー・ルブラン氏の故郷を通過する第2中間スプリントポイントでは、各賞ジャージが集団の最前列に並ぶという異例のパフォーマンスも。
その後も先頭のヴォゴンディとラダニュは10分近いアドバンテージを得て逃げ続け、メイン集団ではスプリンターチームが前に上がってペースアップ。しかし先頭2人を捕まえるには至らず、中間スプリントポイントは全て先頭2人がワンツーで通過。そして積極的に集団から飛び出してボーナスタイムを稼いだミケル・アスタルロサ(スペイン、エウスカルテル)は総合トップ10入りを果たした。
やがて逃げと集団のタイム差が4分にまで縮まると、集団からステファヌ・オジェ(フランス、コフィディス)とフレデリック・ヴィレムス(ベルギー、リクイガス)がアタックを決めた。この2人はすぐさま先頭2人に追いつき、ゴール34km手前の4級山岳はオジェが先頭で通過。これによってオジェがマイヨブランアポワルージュ(山岳賞ジャージ)を獲得した。
ラスト10kmのアーチを潜ると先頭からはヴィレムスがアタックするが決まらず、先頭4人のままゴールに向かう。ラスト5kmの時点で43秒のアドバンテージを得ていたが、牽制が入ってペースはダウン。ヴィレムスの度重なるアタックは決まらず、先頭4人のままラスト1kmに突入した。
スプリンターチームの激しい追撃によって4人の後ろにまで迫ったメイン集団からは、ラスト1kmでマイヨジョーヌのカンチェラーラがロングスパートを決める。スプリンターの意表を突くこの動きには誰も反応出来ず、カンチェラーラは先頭を逃げていた4人をパス。カンチェラーラは独走でゴールに向かい、その後方ではスプリンターたちが追い上げた。
超高速をキープするカンチェラーラと、爆発的な加速で追い上げるスプリンターたち。エリック・ツァベル(ドイツ、ミルラム)を筆頭に、スプリンターたちはマイヨジョーヌに迫ったが、フィニッシュライン上で手を挙げたのはカンチェラーラだった。
まさかまさかのマイヨジョーヌによるステージ優勝。目測によるとカンチェラーラはラストの1kmを1分10秒で走り抜けた。しかも236kmを走破した後でだ。カンチェラーラはこれでプロローグに続くステージ2勝目。ボーナスタイムを獲得してマイヨジョーヌを手堅いものにした。
各賞ジャージはマイヨブランアポワルージュがオジェに移った以外は変動が無く、マイヨヴェールはステージ4位に入ったトム・ボーネン(ベルギー、クイックステップ)、そしてマイヨブランはウラディミール・グセフ(ロシア、ディスカバリーチャンネル)が守った。敢闘賞は序盤からの逃げに乗ったラダニュが獲得している。
翌第4ステージは4つの山岳ポイントが設定された193kmで行なわれる。しかしどれもスプリンターが遅れるような難易度では無く、しかも最後の4級山岳はゴールの49km手前。ゴール地点のブルゴーニュ地方ジョワニーでは今大会4回目のスプリントバトルが予想される。マイヨヴェールを着るボーネンか、それとも完調ではないマキュアンか。マイヨブランアポワルージュとマイヨヴェールの行方を含めて注目のステージである。
★ 第二回明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会 オープンライドには橋本聖子(本大会名誉会長・参議院議員)も参加

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。