×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
請求 越える 振り切っ ギャラリー 大会 ホーム goJSFImageURLProperties ゴールド 千代田 優勝 結果 相場 なけれ サイト 夜間 支払っ 保険 スライド ライフプレイカード 借入 ? 新しい 決定的 ホビー showYesNoDefaultMessage 戻る 指数 担保 確かめ 今期

持ちとは?/ プロミス

[ 10] 「ムック」の肩を持ちたい | エキサイトニュース
[引用サイト]  http://www.excite.co.jp/News/bit/00091159747359.html

ブログを始めたり、「ガ茶」なるお茶が発売されたりと、最近も何かと注目を集めているガチャピン。そう、昔からいつも注目され、愛されるのはガチャピンばかりだった。かくいう私も「やっぱガチャピン可愛いよなー」とか言ってたクチなのだが、大人になって改めて考えると、見た目もしゃべりも可愛く、スポーツ万能のガチャピンにいつも比べられてばかりのムックが、不憫に思えてくる。幼い頃、2人の姉が「たのきん」ファンで、それぞれ「マッチ担当」、「ヨッちゃん担当」をとった都合上、何の意思表示もしない私が、残りの「トシちゃん担当」にされたことがある。挙句、姉たちがたのきんを卒業した後も、なぜか私だけが「トシちゃんファン」呼ばわり。そんな過去の経験から偽善的なクセがついてしまったのか、つい「余り」のほうに肩入れしたくなるところがある。そう、ムックにだって、良いところがあるんじゃないのか、と肩を持ちたくなるのだ。すぐに思いつくのは、「良いモップになりそう」「冬には暖かそう」ということぐらいだが、もっと何かないのか。DVDはガチャピンの「チャレンジシリーズ」をはじめ、ガチャピン中心のものばかり。グッズを見ても「ガチャピン・ムック」と、常に名前を後に書かれている。改めて、「ムック」について調べてみると、設定ではガチャピンとは師弟関係(だが、ガチャピンのブログでは「大親友」とある)。雪男の子どもで、「永遠の5歳」。このあたりの胡散臭さにも目をつぶるとして、意外にもピアノやドラムなど、「音楽の才」があるらしいことがわかった。やるじゃん、ムック!さらに、いちばん身近な存在・ガチャピンなら、もっとムックの良さを知ってるはずだと思い、ブログを見てみた。ムックについての紹介は「特技は何でも食べること。ようするに食いしん坊」と、褒めてるのか貶してるのかわからない記述だったが、さらに、ムックの登場するエピソードを拾ってみると……。ガチャピンの手についたイボのような「エネルギーボール」を昔やたら欲しがったこと、中国語教室にいつも遅刻してくること、ガチャピンのブログの会議に関係ないのに出席してること、野球をあまりわかってないらしいのに大声で応援して泣くこと、ドリンクをこぼしたこと、中国語で謝ってばかりいること、ガチャピンが頑張ってる傍らで寝てしまったこと、夏バテしても食欲は落ちないことなど、ろくなもんじゃない。もっとマシな部分はないのか、ムック!?だが、そんななか、一つ気になったのは、ルーシーお姉さんに「お疲れさま」と、「ガ茶」を差し出してくれたというエピソード。普段、自分勝手に見えて、案外、陰から応援している優しいところもあるんじゃないか。ちょっと恥ずかしがり屋で、不器用で、でも優しいムック。ホントはきっといいヤツです。(田幸和歌子)
 エキサイトブログユーザーならブックマークレット機能を利用してこのページにトラックバックできます。

 

[ 11] ITmedia +D LifeStyle:第65回 手ブレとデジカメの持ち方の関係 (1/3)
[引用サイト]  http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0701/25/news011.html

新年にもなったことだし、今回は基本的なお話を。写真の基礎の基礎、手ブレの防ぎ方と、手ブレしにくいカメラの持ち方だ。
さて新年にもなったことだし、今回は基本的なお話をしよう。手ブレの防ぎ方と、手ブレしにくいカメラの持ち方だ。
そんなわけで基本中の基本である。液晶モニターで撮るときのカメラの持ち方って意外に語られてないので、ここでしつこくやってみる。
これが一番よく見られるデジカメの持ち方。はたから見てるととても危なっかしいんだが、こういう「デジカメを上下から挟む」ように持つ人はとても多い。後ろにはボタン類がたくさんあってそこを触らないように、って思うんだろうか。そういう人は大体にして、目の高さで腕を伸ばして持っている。
これは2つの点でよくない。ひとつめは持ち方。上下から挟むように持つと、人差し指でシャッターを切った動きでカメラが動きやすい。2つめは位置。カメラが身体から離れれば離れるほど微妙なブレの影響が大きく出やすい。だからできればやめたほうがいい。
後ろから見ると親指でモニターの右側を完全に塞いでいるが、それでまったく問題なし。多くのデジカメは背面をよく見ると、親指の先を置くためのスペースを作ってあるはず。そこだけ空いてたり滑り止めがついてたり。それは「撮るときはそこに親指を置いてね」って意味だ。
次は高さ。目の高さで撮る人が多いと思うが、そうするとどうしても腕が身体から離れてしまうのでブレやすくなる。しかも、腕が疲れやすい。
そこで右の写真のようにカメラの位置を少し下げて、二の腕を身体につけてやる。二の腕は身体にくっつけて固定し、肘から先で構えるというイメージがいいだろう。
考えてみたら、写真を目の高さで撮る必然性って別にないのだ。液晶モニターが見えればいいのだから、カメラは胸からアゴの高さでも問題ないし、ちょっと低い位置の方がちょっと視線を上げるだけで肉眼で被写体を見たり周囲をチェックできるので何かと安全。
そしてシャッターを切るときは息を止めて。シャッターボタンは一気に押し込まず、まず半押しでフォーカスをロックしてから、押し切るのがいい。
次は左手の添え方。基本的にどう添えてもいいんだけど、レンズが飛びでないカメラの場合、添えた左手の指が写っちゃうことがある。
縦位置で注意すべきは、右手を上にする(シャッターボタン側を上に持つ)か、右手を下にするか(シャッターボタン側を下に持つ)かで2通りあること。
プロのカメラマンでも両方いる。欧米では右手を上にする人が、日本では右手を下にする人が多いといわれているが、調べたことはないので本当かどうか分からない。
これは右手を上にした場合。右手を左に90度回転させ、下から左手で押さえる。左手の肘を身体につけ、つっかえ棒のような感じで支えると安定する。こちらの方が姿勢としては楽だと思う。
そういうときは右の写真のように持ち替えて親指でシャッターを切るという技もある。ただそうするとブレやすくなるので注意。
ちゃんと持ったとしても、暗いときはブレちゃう。これはしょうがない。そんなときは、手近なものを利用して、腕や身体を支えよう。
例えば壁にもたれるだけでも違う。壁にもたれれば身体の微妙な揺れや右手の揺れは抑えられるからかなりブレにくくなる。
肘をどこかについてしまうのも有効だ。塀やテーブルに肘をついてブレを防ぐ、座ってるときは膝に腕を置いて撮る。その辺は工夫次第。肘をどこかに預けて撮ると楽だしね。
特にフラッシュを使えない場所、例えばお店で料理を撮るときは重要。肘をテーブルにおいたり、腕をテーブルに押しつけたりして、ブレないように撮るべし。
それでも夜景のように暗い屋外や、白熱灯ひとつの暗い部屋や間接照明だけのバーで撮るなんてのは無理。そういう場所で撮らなきゃいけないときはどこかにカメラを置いて、セルフタイマーを使おう。
ドコモが自宅ブロードバンド環境と携帯電話を組み合わせ、最大54Mbpsのiモード接続を実現する「ホームU」を開始。利用時はフルブラウザのパケット料金も無料となる。
最近、個人的に注目しているのが20〜16インチ程度の小型液晶テレビだ。以前は小型テレビといえばコスト最優先の製品ばかりで、画質に関してはさほどケアされていないものが多かった。ところが最近は事情が変わっている。
今年はオリンピックイヤー。かつてほど爆発的に売り上げが伸びるわけではないが、それでもやはり通常期よりは市場は盛り上がるため、各社は商機を逃がすまいと、独自の戦略で新製品を投入している。まずは東芝とパナソニックを取り上げ、新製品の傾向を探ってみたい。
ソニーのBRAVIA「M1シリーズ」は、ポップなスタイルと豊富なカラーバリエーションを持つパーソナル液晶テレビ。単に大型テレビをスケールダウンしたような製品が多い中、明らかに小型テレビのために設計されたデザインだ。その外観と機能性をチェックしていこう。
春は、入学や就職のために新しい生活を始める人がもっとも増える季節。部屋のふんいきを決めるテレビの選択には少し気合いを入れたいものだ。そこで今回は、一人暮らしや個室利用に適した20V型前後の液晶テレビを紹介しよう。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。