×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
収入 ライフスタイル ローン 文部 写真 メールアドレス 注文 反映 書類 リンク アカウント あらかじめ その他 行う ヤード 初めて 手数料 fromCharCode 選び をもって 郵送 件数 初期 最終 晃子 関連 primeAdBenefits 高値 包装 モータースポーツ

払っとは?/ プロミス

[ 110] 3分LifeHacking:アイデアが浮かばないとき、お金を払って“元気玉”を集める方法 - ITmedia Biz.ID
[引用サイト]  http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0711/09/news098.html

アイデアが浮かばない。どうやっても浮かばないときがたまにある。「アイデア出しにお金を払ってもいい」なんていう場合は、カヤックの「元気玉」を利用してみるのも面白い。
アイデアが浮かばない。どうやっても浮かばないときがたまにある。グループで仕事しているときは、周りの人に聞いたり話したりしてインスパイアを得るときもあるが、1人で黙々と仕事をしていると行き詰まりがち。
このサービスは、もともとカヤックの社内で、行き詰った担当者がメーリングリストに質問を投げて、ほかの社員からの回答を募ったのがきっかけ。マンガ『ドラゴンボール』の孫悟空が「みんな、オラに元気を分けてくれ!」と求めたように、アイデアや分からないことを「みんな、オラに教えてくれ」と求める――というわけだ。
基本的に質問とアイデアは公開する仕組みだが、1アイデアにつき50円の追加料金で非公開にできるオプションプランも用意している。
日ごろ、ネタ探しに奔走している筆者も早速「記事のネタが思い浮かばないときはどうしたらいいですか?」と伝えてみたところ、以下のような回答を得た。
「記事のネタが頭にあふれる10の方法」というネタを書く。書いているうちにネタが頭にあふれる方法も思いついて一石二鳥!
とにかく巷をにぎわしているキーワードを拾う。拾い先はITに特化せず多ジャンルから疲労・2ちゃんねるの最新スレッド100件のタイトル・過去1週間および今後のテレビ番組のタイトル、特集・今月発売の雑誌の記事・人気の映画・小説キーワードを決めたら、無理やりITを絡めたコンテンツを考える。
変換生活。さまざまな職種に自分を置き換えてみて、自分の知りたい事を想像してみます。ただし、経験したことのない職業や、知らない境遇の人もいると思うので常に本やネットから様々な職種の境遇を学ぶ努力も必要です。置き換える間隔は、その日のモチベーションで1時間でも1日中でも良いです。これにより、相手の気持ちを汲み取ることができるようになり、相手に与えよう=自分がこうしたいのシナジーより、アイデアが湧き出てきます。
記事ではないと思い込む。例えば記事ではなく、歌を作っているという気持ちで考える。効率アップ、クオリティアップのために海辺で歌う歌。例えば記事ではなく、未来の子供に聞かせるためのおとぎ話を考えている気持ちで。例えば記事ではなく、大好きなあの子にためのラブレターを書くつもりで。そうするときっと今までと違う視点でアイデアがで来るかもしれません。
過去に最もPVがあった記事の続きを書く。内容は、過去の記事のまったく正反対のことが効果的。信じてることと逆のことを言われると、とりあえず見てしまう習性を利用。
発注はアイデア11個だったが、22個のアイデアを出してくれた。基本的には発注の数の納品となるが、アイデアの出やすい質問の場合、余計に出たアイデアを無料で追加することもあるという
そもそも何人かでブレインストーミングするとすれば、そのコストは馬鹿にならない。Biz.IDで試算すると、90分で2万円だった。金銭面の負担が気にならないなら、面白がって利用してみるのもいいだろう。
アイデアが出ないときは、とにかく手を動かす。それが発想の“助走”になります。このシートに、心に浮かんだ言葉やイメージを書き出してみましょう。
「TRIZ」とは、旧ソ連海軍の特許審議官が40万件の特許情報を分析し、発明法則をまとめた技術開発理論。この理論をカードにしたアイデア支援ツールが「智慧カード」である。
誰もが発想力やアイデアを求められる時代。紙に書き出すよりも、アイデアを思いついたらケータイに。それが「ポケディア」だ。
3分LifeHacking:イー・モバイルの通信環境をみんなで共有する外で集まったミーティング。みんなインターネットに接続したいが、イー・モバイルを持っているのは1人だけ。この人のノートPCをアクセスポイントに変えて、全員がネットに接続できないだろうか?
ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:第5回 PCやケータイによる目の疲れには要注意――それは仕事にも恋にもダメージ大であるPCやケータイが日常のツールとなったことで便利にはなったものの、現代人の目の疲れはひどくなるばかり。酷使するばかりではなく、上手に目の疲れを取っておかねばならない。今回は疲れ目の対策についてレクチャーする。
忙しすぎて転職活動なんてやってられない! 会社を辞めてからじっくり決めたい。でも、退職後の転職活動にはこんな危険が……
ITリスク管理やシステム監査など、ITエンジニアに新たな活躍の場が広がっている。その仕事内容や勉強方法を詳しく解説!
イベントや勉強会に参加しようと思っても、どこに行ったらいいかわからない。ブログを書いている人なら、こんなイベントはいかが?

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。