×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
開幕 プロバイダー 発進 年会 企画 サーバ ツール ウェブ 獲得 上田 ありのまま 買う 場合 海外 デスク 人気 大会 ススメ 後で ログイン 誕生 平日 もちろん セゾン 日本経済新聞 レディースメイト これら 残っ お金 絶望

感じとは?/ プロミス

[ 418] いい感じ
[引用サイト]  http://kwmr.blogzine.jp/

「PHS300 バッテリー」でググると、さまざま情報がでてくるが、外部電源を繋ぐ際には、本体電池が消耗してしまうと、電波状況によって切断された接続を復帰できなくなったりとか、不具合が生じるので、本体の電源が100%充電されている状態で、外部電源の電源ボタンをONにしDC出力を開始すること、これがコツ。内部の電池が十分な状況であれば、電波状況が悪い場合には内部動作により、再接続しにいく。これは移動中とか電波状況の悪い環境化では必須の機能。でも本体電池を消費してしまうと、この機能がうまく働かないことになるということ、要注意だ。
そもそも、この機器に興味を持ったきっかけは、Eye-Fiがアドホックモードでネットワークに繋がらないということを知ったこと。なんとかして、Eye-Fiをどこでも繋がるようにはできないものか…。で、いろいろネットを漁っていたら、この製品に辿りついた。日本に持ち込んでいる方々も結構いて情報も比較的多い。PHS300でググれば、日本語でも様々な情報を手にすることが可能だ。D02HW特有のある儀式(後の動画)の情報もこの先陣の方々のトライのおかげ。感謝
画面の上下左右においておくと、電光掲示板のようにフィードのタイトルが流れていく。OPMLファイルも読めるので、自分が読んでいるFeedを一括して登録することも可能。マウスでクリックするとFeedの中身も表示できる。マルチ画面にも対応している。メイン画面は少々ウザいのでwサブ画面で使っている。(次ページに動画あり)
  アプリケーションとかは一切使わない。OSXのデフォルトのキャプチャを使う。手順に少し気をつけるだけ。マックの画面キャプチャのショートカットはフル画面の場合はコマンド+シフト+3、これが押下されるときその時のフル画面がピクチャという名前でPNGで保存される。
この方法をスクリーンセーバー画面で適用するとキーを押下した瞬間画面が切り変わってしまうので、うまくいかない。そこで…。
この手のサービスは、まずユーザ登録をして確認のためのメールを受けとって、必要事項を入力、そんな手順が必須なのだが…。このdropioは、そうした手続が一切ない。dropという共有場所の名前を入力(無料の場合7文字以上)、共有するファイルをアップロードすれば基本OK。最後に管理者用のパスワードを聞かれるので、必要なら(権限を変えたり、カスタマイズしたりするなら)それを入力して、すぐに使えるようになる。管理者パスワードが登録できないなど制限はあるが、携帯メールからのdropの新規登録!もできるし、ファイルもメール経由でアップロードできる。モバイル用のビューワまで用意されているので、PCを使えない状況でも携帯で使うことができる。便利。
管理者パスワードを入力すればdropにパスワードを設定することも可能。ファイルdrop本体の保存期限を付けることが必要だが、最後の閲覧後1年間とかの設定も可能、無料の場合100Mの上限を越えない限り、使われている間は消えることはないだろう。なかなかうまく考えられている。100Mを越える必要があれば有料登録を行なう。年間10$で、1Gバイトまで利用でき、短い名前が使えるメリットがある。
GWは遠出もせず、家にこもりきり、という状況。雨も降ってるし…。ということで、やりかけていたブログのデザイン変更などする。やったことリストは下記。
なんだか、いろんなことを詰め込みすぎた。まだ、いろいろバグありそう。シンプルにもほど遠い。うーむ。これから削ぎ落していくか…。なんとなくいつものパターン。その前に部屋の掃除… (笑

 

[ 419] 愛に不審を感じたとき...
[引用サイト]  http://www.netlaputa.ne.jp/~asao/fushin/

愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫 愛に不審を感じたとき 随筆 飯島麻夫

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。