×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
communities 返す レディースメイト ftMessageTimer おすすめ 確定 キャッシングサービス 有し メディア 項目 就職 transparent 決定的 許さ 首位 首位 請求 国際 一切 許さ 中立 アイワイカード 子供 中立 ジョン 単独 最高 本文 シミュレーション サーキット

引き合わとは?/ プロミス

[ 473] ずくなしの冷や水: インサイダー取引は引き合わない 1
[引用サイト]  http://inventsolitude.sblo.jp/article/504136.html

1/13証券取引等監視委員会は、ガーラ(4777)社員3人がインサイダー取引で得た利益計94万円に対して課徴金納付を命ずるよう金融庁に勧告しました。2005/4に導入された行政処分としての課徴金が初めて発動されそうです。同社のリリースによると、同社が電通を相手方とする第三者割当増資及び業務提携を発表した2005/6/21・22に先立つ6/14、16日、同社従業員が株券1株を119万円−120万円で買付たものです。課徴金は、取得価格と重要事実公表日翌日の終値との差額に相当する額とされていますので、6/23の終値151万円との差額32万円と31万円になります。インサイダー取引に対しては、これまで一罰百戒的に刑事罰が課されてきましたが、刑事罰の立件に時間がかかることなどから機動的に処罰できるよう課徴金制度が導入されたもののようです。今回の課徴金適用事例で興味深い点がいくつかありました。(1) 儲けの額が少ない。同社の株価は、6/22の始値117万円・終値131万円、6/23の始値142万円・安値133万円・終値151万円です。2日間で34万円動いています。腕の良いデイトレーダーならこれほどの値動きがあれば、2日間にかけてあるいは6/23の値動きの中で10万円位の値幅を取ることは難しくないでしょう。信用枠さえあれば3株1回または2株2回で30−40万円の利益が出ます。今回の事例では1人1株だけの買付ですから「絶対儲かる」という確信がさほど強くなかったのかもしれません。(2) 重要な役職についている従業員ではない。購入額からしても比較的若い方のようですし、監視委は「嫌疑者の役職や違反した金額、悪意を総合的に勘案した結果、課徴金の勧告を行った」としています。(3) 会社の責任が大きい。会社側のリリースは「社員」とは表現せず「従業員」としていますが、当事者は営業、経理、総務に席を置いていますので、重要事実が社内に広く流布していたことが窺えます。会社側の重要事実の情報管理が甘かったのでないかという点、重要事実を知って自社株の取引を行えばインサイダー取引に該当することの社内教育が不足していたことは否めないでしょう。(4) 口の軽さが災いにインサイダー取引は多くの場合市民の通報によって発覚しています。当局は常時値動きを監視しており、不審な動きがあった場合は会社側に重要事実を知り得る内部者及び一次情報受領者のリスト提出を求め、証券会社にそれらの者による売買取引の有無を照会するとされていますが、最近のようにM&Aや第三者割当、業務提携が日常的になるととても手が回らないでしょう。今回の事例の場合、5月末から価格が上昇し出来高も増えています。6月初めに買って発表前に売った方が利益は大きかったのです。下の図で縦の点線が通るところが6/24です。当事者の一人が買い付けた6/14は4,056株もできています。あまりにも単純なやり方を見ると当局の言うように「悪意」は薄かったように思いますし、ちょっとしたボーナスが手に入ったうれしさを隠し切れず周囲の知るところとなり、通報されてしまったということではないでしょうか。性格の悪い私は、他にもっと悪いことをしている者がいるのではと思ってしまいますが、実のところ、インサイダー取引はいろいろな意味でリスクが多過ぎて、とても手を出せるものではないのです。

 

[ 474] about ・ぶん : 同情の不在が引き合わない時代の到来?
[引用サイト]  http://bunsblog.exblog.jp/6501715/

アメリカに住みながら、サブプライム・ローンという言葉自体知らなかった私である。(汗)焦げ付きが問題になってから調べてみると、低所得者層の為のローンで、回収リスクがある部分、利息が高利だという。それを聞いて思った。低所得で普通のローンを受けられないでいる人々が、そもそも普通より高利のローンをどう払って行けるのだろうか?と。この当たり前のことが当たり前に起きて、メリルリンチのような大証券会社まで経営危機に見舞われているという。経済学のエリート中のエリートが、どうしてこんな当たり前のことが分からなかったのだろうか?
分かっていなかったわけでは勿論ない。借りる低所得層の人々が払えなくなって窮地に陥ることなどどうでも良かった。自分達の元が取れて利益を確保できさえすれば。住宅の値段が右上がりに上がっていく限りは、それは保証されていたから構わなかった。彼らには、普通より高利の返済に苦しむ低所得の人々や、払えなくなって手放す所まで追い込まれる人々に対する同情が全く欠けていた。
彼らに分かっていなかったことは、人の痛みである。身近なところで言えば食べる人への同情のない偽装食品を売りつけたり、そこに住む人への同情のない偽装建材やら偽装耐震度などでものを売りつけたりした人々の破綻もある。
一方、ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行は、小額を低利息(ここの低利息という部分、間違えていたようです。思い込んでいました。高利息だそうで、ヒロさん、訂正有難うございます。)で貸し付けて、驚くような利益を上げている。貧しい人々への同情、共感から出発したからだ。
温暖化で自分の国をあきらめて行く人々、テロリストになる位しか生きていけない程の貧困、エイズを初めとした病気や飢えで死んで行く貧しい国の人々、そういう問題や相手の立場への同情から出発しない限り、もう先に行けないということ、自分たちさえ良ければという姿勢ではなく、相手も生かすこと、即ち共生を考えて行かないと先に行けないということを今、色々な問題は私達に教えようとしているのではないだろうか。
カリフォルニアに生息する「ぶん」と申します。詳しいご案内はカテゴリー「初めに」をご覧下さい。<○○さんからのコメント>は『ぶんな毎日』からの転載です。素敵なご縁ができますように。
初めに能天気徒然の瞑想友との時間の中で暇の果実待夢すりっぷ異論・曲論TON同盟日米雑記写真で見るアメリカこんな英語表現こんな日本語表現賛辞のあなたDr. Laura日々是口実つぶやき未知と無知レシピに挑戦お目を拝借哀犬物語スポーツ半可通とほほ、、MauiViva! Canada!『ぶんな毎日』ダイジェストれれれ?溜息プロジェクトあれこれローカル情報覚え書きメッセージ一時的掲載

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。