×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
setMarketplace 毎月 下さい 山本 ネット 支払い 松坂 ジャスティン を通じて 結果 転載 確認 見る 共有 突破 マルチ エステ 予想 および 静岡 購入 獲る 番号 執行 我々 バトル 細心 企業 デジタル ご覧

天才とは?/ プロミス

[ 305] 『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いか : 日刊サイゾー
[引用サイト]  http://www.cyzo.com/2007/10/post_82.html

第48回小学館漫画賞をはじめ数多くの賞を受賞し、来年には堤幸彦監督による実写映画化も決まっているこの作品。多くの読者に支持されている一方で、「たくさんの伏線をはって、一切回収していないという、浦沢作品のお約束のパターン」などという批判の声も多いことをご存じだろうか?
最終回でようやく明かされた黒幕「ともだち」の正体は、1巻の同窓会シーンで名前が出た程度のまったくなじみのない存在だった。また、「『ともだちは・友力・を使う』とか、どうなったの?」「理科室の第5の人はなんだったの?」「なんでもカンナの超能力で片付けられてしまう」など、細かな矛盾点に対する指摘も多く、伊集院光も自身のラジオ番組で、「収拾つかなくなって、広げた荷物を大八車にぶっこんで夜逃げしたみたいなラストだな! だいたい『MONSTER』もひどかった!!」と、グチをこぼしていたほどだ。
そう、思えば、第3回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した『MONSTER』(ビッグコミックオリジナル)も、最初はスピード感があったのに、途中からは思わせぶりな引き延ばしが続き、尻すぼみになっていった。
「編集者たちの間では、『浦沢さんは間違いなく天才』と言われています。画力も構成力もあって、人格者。ただしそれゆえに、全力投球しているように見えにくい」(前出のマンガ編集者)
「私も、最初は天才ゆえに手抜きをする人で、それであんなに売れてしまうなんて……という思いがあったんですが、実は彼はすごく努力していて、腱鞘炎を起こしたり肩の持病を抱えたりして、体中ボロボロになって必死で描いている、意外に泥臭い部分があることを知りました」(別のマンガ編集者)
「マンガを描くとき彼は、『脳の奥深くに潜り込んで物語を創作するスイッチを、訓練によって自分ですぐに入れられるようになった』と話していたんです。普通は、そういった感覚的な切り替えは意識的にできるものではない。天才としか言いようがないですよ」
「浦沢さんは、プロになる前に『ガロ』に持ち込みをしたことがあるらしい。本来は硬派でマイナーなものが好きで、そういったものにコンプレックスがあるのかも。でも、マンガ界を背負って立つスーパースターになってしまった今、そんな作品を描くのは許されないし、かといって、『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博みたいに、本業そっちのけで好きなことをするというのも、彼のプロ意識では許せないんでしょう」(前出のマンガ編集者)
浦沢作品に顕著な、意味深な伏線の数々はもしかしたら、文学的に深みのある『ガロ』系作品への・コンプレックス・の表れなのかもしれない。そして、それらの伏線が結局最後まで回収されないことが多いのは、たぐいまれな彼の・プロ意識・が災いして、せいぜいひとつの作品に集中するのがやっとだからなのかも。
でも、本当に「誰もが認める天才」ならば、どの作品のクオリティも、文句なしのレベルまで引き上げてほしいのだけど……。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。