×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
チケット 信頼 自治 出場 shvlAsinCache 休日 分類 ダイレクトメール 動画 自動 ポリシー communities 携帯 nonmemberEnclosure アコム とおり 便利 アップ 安全 製作 頂け 店頭 多く shvlCloudWrapper 保険 なかっ 触れ セゾンカードフォービート トラベル 関東

合わとは?/ プロミス

[ 285] コリンズ監督辞任、選手と合わず孤立も…(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
[引用サイト]  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000028-nks-base

オリックスのテリー・コリンズ監督(58)が21日、スカイマークでの阪神戦終了後に会見し、辞任を発表した。2年連続の成績不振による責任を取っての引責辞任で、22日から大石大二郎ヘッド兼内野守備走塁コーチ(49)が監督代行として指揮を執る。ジョン・ディーバス打撃コーチ(49)とマイク・ブラウン投手コーチ(49)も辞任。シーズン中に3首脳がチームを去る異常事態となった。
阪神戦の敗戦後、選手食堂で緊急会見を開いたコリンズ監督は衝撃の言葉を口にした。「情熱のなくなった人間がプロ野球の監督を続けていくものではない。これだけ愛している野球にすべてを捧げることが難しくなったので監督を退き、去っていきたい」。電撃の辞任発表だった。腹心のディーバス打撃、ブラウン投手の両コーチも辞任。3首脳が一度にチームを去る異常事態となった。
会見では質問をさえぎり、立ったまま一方的にまくし立てた。「期待の成績を成し遂げられず、申し訳ない。これが引き際かなと決断した」。理由は2年連続成績不振による引責。中村球団本部長に辞意を申し入れたのは16日夜だったという。3年契約の2年目とあって、球団も宮内オーナー直々に慰留した。同本部長は「2、3週間前から悩み抜いていたようだ。決意が固く断念せざるを得なかった」と明かした。
06年オフにドジャース育成部長から監督に招聘(しょうへい)された。だが昨年は借金15で最下位に低迷。今季はカブレラを獲得し、ローズ、ラロッカとの「ビッグ・ボーイズ」打線を形成したが思うように機能しなかった。先発の平野、岸田、デイビーの3本柱が開幕から故障の不運も重なり、Bクラスに低迷していた。
随所で導入したメジャー方式もことごとく裏目に出た。投手には試合だけでなく練習でも100球の球数制限。野手にも「試合で100%力を発揮するように疲れてはいけない」と居残り練習を禁止。選手からは露骨な怒りや戸惑いの声が噴出し、最後まで波長は合わなかった。「選手がどうすれば理解してくれるのか」。深めていった孤立感と成績不振が職場放棄とも受け取れる辞任劇となった。
後任は大石ヘッドが監督代行を務める。大石代行は「昨日辞めると聞いたところ。このような時期に監督が辞めるのは悔しいし、残念」としながら「チーム一丸となって戦いたい」と困惑気味だ。後任コーチは打撃部門補佐の水口栄二(39)がチーフ格となり、投手部門は2軍から清川栄治(46)が昇格して赤堀元之(38)との2人体制を維持。また2軍投手コーチは酒井勉スカウト(44)の配置転換を検討するなど、あわただしい組閣に追われた。

 

[ 286] J-CASTニュース : 学歴の価値暴落 東大卒「割に合わない」<br />兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科助教授<br />中野雅至氏インタビュー(1)
[引用サイト]  http://www.j-cast.com/2007/01/08004743.html

学歴の価値暴落 東大卒「割に合わない」兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科助教授中野雅至氏インタビュー(1)
   学歴はお金にならない。損だ。みんなそう感じ始めている。にもかかわらず、進学競争がやまらないのはなぜか。兵庫県立大学大学院・応用情報科学研究科の中野雅至助教授はその著書「高学歴ノーリターン」(光文社ペーパーバックス)で、学歴の価値が大暴落し、東大卒でも報われないギャンブル社会がやってくる、と予見している。歪む日本の教育と格差社会の現状を、2回にわたり中野氏が斬る。第1回は「学歴は割に合うのか」について聞いた。
中野 受験戦争を勝ち抜き、東大を卒業したエリート官僚たちが霞ヶ関でやらされていることは、パソコンの使えない上司の代用でしかありません。上司の手書きの文書を、しかも深夜に代打ちするのです。はっきり言って東大卒がやる仕事ではありませんが、彼らのそんな姿をわたしは旧労働省に勤務していた時代にみてきました。これまでは、彼らはそれなりに尊敬をかち得ていましたが、いまは『所得がいくらあるか』のほうが成功者としての尺度になっています。相次ぐ不祥事を目の当たりにし、所得も上がらない。一般の企業でも、果てはリストラで追い出される。そんな世の中が続けば、『東大なんて意味ない』という人が増えます。学歴社会のトップが崩れるのですから、おのずと学歴の価値は暴落します。
――受験戦争の反省が「ゆとり教育」への転換を促しました。それでも受験戦争がなくならないのはなぜでしょう。
中野 確かに、学歴の価値は下がっていることは、みんな認識しています。だからといって、ほかに投資しても、見返りがあるとはいえない。だったら、学歴。不利にならないくらいの条件は整えてあげたい、といったところでしょうか。一般の家庭では、『教育投資が割に合うのか』といえば、『合う』と信じざるを得ないし、それが安定した生活を送れる、モデルであると思っています。逆に言えばそれしかない。いや、抱かなければやっていけない、といったところでしょう。また、『ゆとり教育』といっても、『受験戦争はなくならない』と考えていたでしょうね。そう考えた人たちが子供を塾に行かせたり、私立校に入れるということを選んだのではないか、とはいえます。東京ではバブル前から私立校が強かったですから、それほど大きな変化が起こっているとは思いませんが、これが地方へ波及したことが大きいのではないでしょうか。
中野 お金のある人はいま、子供をスイスの寄宿舎のある学校へ通わせたり、早く英語をマスターさせようと留学させたりと、海外に目を向けています。ゴルフの宮里藍や横峯さくらの登場で、子供の頃からプロを目指して、親が子供をスポーツスクールに通わせるケースも増えているようです。おそらく、それは官庁などで働く東大卒のエリートが必ずしも高給取りではないし、報われていないことを親がわかっているからです。手に職というか、『プロフェッショナル』がもてはやされる時代といえます。しかし、実際の成功者はごく稀です。
――大学院で教鞭を執られています。「学歴が日本の社会であてにならない」ことを学生は認識しているのでしょうか。
中野 なんとなく、『大丈夫』と思っていて、明確な認識はないのではないでしょうか。ただ、学生たちは公認会計士や弁護士、勤務医など、日本のプロフェッショナルが米国ほど儲からないことを知っています。わたしはグローバル化というのであれば、報酬面でも米国並みに儲かるようになればいい。そうすれば、学歴熱も復活するのではないか、とにらんでいます。
――いま、「ゆとり教育」から昔のような、奉仕やボランティア、愛国心などに象徴される教育に戻そうとしています。昔に戻して、どうするのでしょう。
中野 むずかしい質問です。ただし、『昔の教育』が何を意味するのか、いまひとつわかりかねます。昔のような教育に戻れば、国家を強く意識した子どもが育成されるということは確かでしょう。詰め込み教育や公教育の復活が、格差や階級とどうリンケージするのか、正直わかりません。学歴と資格や所得を政府が結びつけようと努力するのであれば、公教育が復活して、格差の是正につながるような気がします。
結果が分かってから後悔しても、もう遅い!!貴方も馬券で勝てるチャンスを逃していませんか!?関係者の本音を踏まえた的中直結情報で今週末が変わる!今年早くも万馬券74本的中達成!!無料にて提供中!
元「NEWS」内の復帰ドラマ 原作者の番組批判で「炎上」公営住宅「ペット禁止」の是非 ワイドショーやネットで大議論「ナカムラが俺の犬食った」 俊輔に衝撃「人種差別発言」蔓延「ごくせんは不良を讃えるな」 和田秀樹さんがコラムで異論フリー医師「1日20万円」 なぜそんなにもらえるのかバラエティが腐らせたテレビ スポンサーはそっぽを向く芸能評論家の肥留間正明氏に聞く証拠得るため「窃盗」までする グリーンピース手法「パワーポイント」に突如逆風 枚数も多く、コピーコストもかかる「患者置き去り」の深刻背景 医療費不払い、退院拒否に暴言白熱電球が消える? 「困る」という声少なくない

 

[ 287] コリンズ監督辞任、選手と合わず孤立も… - 野球ニュース : nikkansports.com
[引用サイト]  http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20080522-362950.html

オリックスのテリー・コリンズ監督(58)が21日、スカイマークでの阪神戦終了後に会見し、辞任を発表した。2年連続の成績不振による責任を取っての引責辞任で、22日から大石大二郎ヘッド兼内野守備走塁コーチ(49)が監督代行として指揮を執る。ジョン・ディーバス打撃コーチ(49)とマイク・ブラウン投手コーチ(49)も辞任。シーズン中に3首脳がチームを去る異常事態となった。
阪神戦の敗戦後、選手食堂で緊急会見を開いたコリンズ監督は衝撃の言葉を口にした。「情熱のなくなった人間がプロ野球の監督を続けていくものではない。これだけ愛している野球にすべてを捧げることが難しくなったので監督を退き、去っていきたい」。電撃の辞任発表だった。腹心のディーバス打撃、ブラウン投手の両コーチも辞任。3首脳が一度にチームを去る異常事態となった。
会見では質問をさえぎり、立ったまま一方的にまくし立てた。「期待の成績を成し遂げられず、申し訳ない。これが引き際かなと決断した」。理由は2年連続成績不振による引責。中村球団本部長に辞意を申し入れたのは16日夜だったという。3年契約の2年目とあって、球団も宮内オーナー直々に慰留した。同本部長は「2、3週間前から悩み抜いていたようだ。決意が固く断念せざるを得なかった」と明かした。
06年オフにドジャース育成部長から監督に招聘(しょうへい)された。だが昨年は借金15で最下位に低迷。今季はカブレラを獲得し、ローズ、ラロッカとの「ビッグ・ボーイズ」打線を形成したが思うように機能しなかった。先発の平野、岸田、デイビーの3本柱が開幕から故障の不運も重なり、Bクラスに低迷していた。
随所で導入したメジャー方式もことごとく裏目に出た。投手には試合だけでなく練習でも100球の球数制限。野手にも「試合で100%力を発揮するように疲れてはいけない」と居残り練習を禁止。選手からは露骨な怒りや戸惑いの声が噴出し、最後まで波長は合わなかった。「選手がどうすれば理解してくれるのか」。深めていった孤立感と成績不振が職場放棄とも受け取れる辞任劇となった。
後任は大石ヘッドが監督代行を務める。大石代行は「昨日辞めると聞いたところ。このような時期に監督が辞めるのは悔しいし、残念」としながら「チーム一丸となって戦いたい」と困惑気味だ。後任コーチは打撃部門補佐の水口栄二(39)がチーフ格となり、投手部門は2軍から清川栄治(46)が昇格して赤堀元之(38)との2人体制を維持。また2軍投手コーチは酒井勉スカウト(44)の配置転換を検討するなど、あわただしい組閣に追われた。

 

[ 288] トリアージって、経営ともそぐわないし社会論とも合わないし - Gavagai+
[引用サイト]  http://d.hatena.ne.jp/steam_heart/20080523/1211570874

人の命は算術的な比較が可能であるというゴマカシ。そのような足し算割り算は、いつも権力者が独占するそろばんで行われます。
「もう助かりそうにない患者」と助かりそうな患者を判別できるというゴマカシ。そのような診断は、おうおうにして自己成就的なものです。医者に「助かりそうにない」と判断されて見捨てられた患者は助からない場合が多い。そうなったら、はたして医者の予言が当たったのでしょうか?
トリアージは、まず、大規模災害などの、救急要員が被害者に対してあまりにも少ない状況などで考えられていることである。
その場合、「「もう助かりそうにない患者」と助かりそうな患者を判別できるというゴマカシ。」を適応せざるを得ない(を想定してトリアージということがあらかじめ考える必要がある、ということを救急あたりでは言われている)。
何を言いたいか、というと、「判別できるかどうかなんて、トリアージが取り沙汰されている現場ではほとんど意味がない状態に置かれているのだ」ということ。
ブラックジャックなら同時に住人並べて手術とかも出来るだろうが、残念ながらトリアージの発生する現場の場合選ばなければならない。
実際の現場では、二者択一という単純な構造にはならないが、選ぶことを逡巡している間に被害者は亡くなるのである。「これは助かるのかな助からないのかな」などという判断はしない。「決めていた基準で被害者をすばやく選択していく」。
ちなみに、実際のトリアージは、「医者が判断する」というものでもない。救命関係者全員がトリアージを実施することが想定されている。そして、その基準は「自立歩行」「自発呼吸」などの客観的な基準に基づくよう考えられている。「助かる」「助からない」ことを診察出来るほどの知識はなくても分かる基準でしかないが。
トリアージというのは、治療者の負担を減らすため、判断を別の人があらかじめ行っておいて医師の救命作業の時間を多くとるところに意味がある。「見捨てる」「資源の有効活用」という話では本当はなく、救命士など通常時ならば診察など出来ない人に先に選別をさせてしまうところにトリアージの意味がある。だからこそ、「トリアージの時に黒カードを出すのが救命士にとっては高いハードルだったりするわけで」。
トリアージの概念は、確かに「救急の現場で限られた医療資源をどうやって有効活用するか」ということから始まっているが、実施されるトリアージの基準合理性はそこから説明されるものではない。例えば、女子供から先に助ける、身内は後だとの基準であっても別段何も構わないのである。ただ、万人が納得の出来る判断基準を、というところで基準が設けられているわけである。倫理的、医学的観点からの基準である。基準が経営的な合理性に一致するかは分からないし分からないままであろう。選ばれなかったら死ぬし。
実際に起こっていない時に、基準がどうあるべきだの話は必要であろう。しかし、繰り返すが、トリアージが必要とされる状態というのは、選ぶことが重要であり、全体の合理的かどうかなんていう判断は二の次だ。
資源の有限性がその合目的的な最適配分を促し、戦略性やリーダーシップや組織内の規範意識も意思決定も価値判断もそこから始まる、ということをわかりやすく説明したくって、
という、促す部分は「現場ではない」し、その現場では「救命に関わるもの全員」が判断することを求められる。リーダーシップなんかに期待はしていない。むしろ、リーダー不在の状態で個々の人間が動くための規範としてトリアージは考えられている。
緊急時の情報は不確定なものであり、全体の合理性を考察できるようになるのは実は最後の最後である。
それが、実は全体の最適化と外れていた、なんてことも発生するだろうが、それの追求はあきらめるのである。その場で判断できないので。
内容そのものについてはとやかく言う気はしないが、どちらもトリアージについて間違った解釈を垂れ流している。
福耳コラムの人は、そもそも「医者が判断する」という話を引き合いに出しているのだが、違う、それは個々の救命従事者であるし、基準は最適配分を考えられてはいるが、それよりも客観的かつシンプルであることが重視されているのである。
(元)登校拒否系の人も、「人の命は算術的な比較が可能であるというゴマカシ。そのような足し算割り算は、いつも権力者が独占するそろばんで行われます」って、トリアージでは命の比較なんかしない。判断も医療関係者って権力かもしれないが、少なくとも独占ではない。
いろいろ、何か拡大しているんですけど。まともそうな人にトラックバックだけ投げてみました。もう少し、トリアージとか経営学とか教育とか、分けて話が出来ればなーと思ってたんですが、どうもくそみそな感じで、今はその時じゃないみたい。
素人が不案内なことを申し上げていたようですみません。ただ、学生たちへの説明としては、「有事の際の実際のトリアージの際に混乱をきたさないために、普段から医者と救命従事者の間の意思疎通や知識共有、行動判断のための判断基準を整備しておくこと」についての、適切な目的の設定、優先順位の策定、シンプルな基準の設定、その方針付けでのリーダーシップの発揮、としてはなしをしたのです。そこから「トリアージ」のプロセスは始まっているという説明も出来ると思いましたので。言葉足らずですみません。
うーん、まあ、講義自体は好きにしてください。あなたの言っている話だと、「会議で何か決めること」は全て説明できるという感じの講義ですね。敢えてトリアージとが出す必要もないんじゃないでしょうか。
[時事ネタ][情報規制]やー、今のBlogをめぐるシステムはそれなりによく出来ていて、そんなに機能をルールで縛る意味ないんじゃないかな。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。