×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
年来 選手 ストア 看板 利子 チケット 経常 公式 関連 サイト 持ち 応援 利益 案内 primeAdBenefits 担当 通販 温度 信用 関東 RunThisWhen 高水準 一覧 高安 祝日 完了 放題 残高 バランス 連結

制限とは?/ プロミス

[ 527] IP制限サービス IP制限 イーバンク銀行|インターネットバンキング
[引用サイト]  http://www.ebank.co.jp/kojin/security/iplimit/register/

「セキュリティコード」欄に、メールに記載されたセキュリティコードを入力して「セキュリティ通知設定」ボタンを押してください。
プロバイダ名自体と、そのプロバイダのドメインネームが異なっている場合もございますが、IP制限サービスのご利用に問題はございません。
セキュリティコードを送信した後、メールで届いたセキュリティコードを入力して「設定」ボタンを押してください。
電話やメールによる、セキュリティ関連機能の設定・解除などは、セキュリティ上、当行では一切応じておりません。お客さまご自身のみが設定・解除可能なものとなっております。
プロバイダの変更・解約時(お引越しなど)には必ず、IP制限を解除してください。 IP制限の設定をしたまま他プロバイダに変更・解約された場合には、IP制限によりお客さまご本人でも暗証番号を伴うお取引ができなくなります。
「現在ご利用中のプロバイダ」にプロバイダ名でなくIPアドレスが表示される場合があります。そのままIPアドレスをご登録されると、プロバイダ単位では無く、そのIPアドレス以外からの暗証番号を伴う取引ができなくなります。
そのIPアドレスが常に固定でご利用できる場合はそのままIPアドレスをご登録されても差し支えありません。
お客さまのご利用しているプロバイダが合併等する場合は、そのプロバイダのドメイン名変更有無をご確認ください。
ドメイン名が変更される場合は、変更直前にIP制限を解除してください。ドメイン名変更後に再びIP制限を設定してください。
合併によるドメインの変更が無い場合、旧プロバイダ名が表示されることがありますが、利用上の問題はございません。
プロバイダが新規IPアドレスを設定後、イーバンクがそのIPアドレスを認識するまでは、当該IPアドレスはそのプロバイダとして認識されません。 登録済プロバイダからのログイン時に、IP制限中の場合は、IP制限一時解除を行ってからお取引ください。
インターネットに接続する機器には、32bitの数字で構成される「IPアドレス」という文字列が個別に割り当てられます。このIPアドレスは、数字の羅列であるため、現在のインターネットにおいては、これらをより簡易に識別・利用するためにIPアドレスに「ドメインネーム」というものを付与することが可能となっています。
通常、プロバイダにも固有のドメインネームがありますが、例えばプロバイダ同士の合併やその他プロバイダの様々な都合により、プロバイダ自体の名称と、プロバイダのドメインネームが異なる場合もございます。
IP制限サービスでは、お客様が利用されているIPアドレスを自動認識し、ドメインネームもしくはIPアドレスを表示します。お客様がご利用のプロバイダと異なる名前が表示された場合でも、お客様のご利用プロバイダのドメインネームであればご登録いただくことでIP制限サービスをご利用いただくことが可能です。
なお、ドメインネームは、稀にプロバイダの都合により変更されることがあります。IP制限サービスに登録したドメインネームが無効になった場合は、「IP制限一時解除」を行い、旧ドメインネームを削除後、新しいドメインネームを登録してください。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。