×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
松中 年利 shvlPagination 連帯 アップ 急ぎ によって 持ち 注文 レディースメイト 違っ primeAdTermsAndConditions 利率 アンダー いただく ありがとう 広告 underline 融資枠 派遣 藤田 借り入れ 向け 意図 及び 健康 放題 送る 限定 触れ

利率とは?/ プロミス

[ 141] 定期預金の利率
[引用サイト]  http://www.utirironnikoyikiet.com/

定期預金の利率は誰もが気にします。ランキングの一覧表などから比較できれば、自分にベストの金融商品を選べるからです。「銀行名 定期預金 利率」で検索をすると、
などと打ち込みます。それは大口定期でも同じやり方です。店頭表示であればいっそう確実です。高利率で利率の良いもの、高いもの、いいものを皆、希望します。
各行が競い合って、更に良い利率になれば嬉しいです。スーパー定期預金を調べるに際しては、中間利払い利率や中途解約利率なども確認しておきたいです。
金利の計算方法、計算の仕方も、言うまでもなく大切です。郵便局の定期預金の金利も、平成19年になって銀行の後を追うようにして上がりました。郵貯のこれからの金利の推移に関心が集まっています。
定期預金の利率、つまり定期預金の金利を、1年ものの定期預金で比較した結果です(2008年4月14日現在)。1年ものを選んだ理由は、短期の1年ものであれば、金利上昇のリスク、インフレのリスクにも対応できるからです。
すぐに預入を決めるよりも、キャンペーンを待って、より高金利な条件で定期を組んだ方がよい場合もあるので、情報収集は大切です。こちらの 定期預金のキャンペーン もご参考ください。
・高金利のランキングでは、顔なじみの銀行。ネットバンクの中でも、金利の高さでは常に1位、2位を争う。
・ゴールドラッシュプログラムにより、自分のイーバンク口座に他の金融機関からの振込があった場合、その振込件数に応じて対象となるイーバンク銀行の口座へ現金がプレゼントされる。
・インターネット銀行の中でも常に高金利なので、その恩恵を得たい人。また給与振込など、他の銀行からの振込が多い人。なぜなら手数料無料で使える振込の回数が増えるから。インターネット銀行でも、振込手数料が無料の銀行はないので、このしくみが活用できれば、かなりお得。
・「Yahoo!ネットバンキングのサービス利用料が無料」「ヤフオクの代金の支払い・請求が簡単」など、総じて、ヤフー利用者にとっての利便性が高い。よってヤフーをよく利用する人。
・積極的にキャンペーンが催されている。現在は振込手数料無料キャンペーン中で、2008年6月30日(月)まで他行宛の振込の手数料が月に3回まで無料。
・銀行と証券会社の機能を融合させて使うことができ、非常に利便性が高い。よって、証券会社(SBIイー・トレード証券)を利用する人。
・1米ドル当たり25銭など、外貨の為替コストが一般の銀行に比べて安い。また外貨預金の残高が所定の条件を満たすと、通常よりも高い金利、低い為替コストで利用できる外貨預金優遇制度がある。
銀行口座としての使い勝手は、普通の銀行とは若干違う。よって銀行口座としての利便性よりも、とにかく高金利の定期預金を求める人。
・「ダイレクト預金」と「eダイレクト預金(インターネット取引専用の預金)」があり、eダイレクト預金がとりわけ高金利。
・知名度は大手ほどではないが、定期預金が高金利なのは事実。預金も都市銀行などと同じく1,000万円までは預金保険制度の対象となる。また中途解約しても元本割れはしない。少数派となっても、良いものであれば躊躇しない人に向いている。
(注) 本サイトの情報はあくまでも参考と考え、預入の際は該当する金融機関で情報を確かめてください。本サイトの情報によって不利益を得た場合も、本サイトには一切の責任がないものとします。
定期預金の利率ランキングが分かれば、これほど便利なことはありません。どの銀行に預ければ、自分の利息が一番増えるかが明確にわかるからです。
けれども定期預金の利率をランキングをしたものは、なかなか見当たりません。そこでここでは、スーパー定期300万円未満に限定して、独断と偏見を交えながら、定期預金の利率ランキングをしてみたいと思います。
定期預金の利率ランキングを示してみました。これを元にして、預入をする銀行をチョイスしてみてください。
ただ定期預金の利率のランキングだけに頼るのはリスクもあります。それは人によって、資金や期間などの条件が違うからです。利率の高いものに飛びつくのではなくて、自分の条件に合ったものを選ぶのが肝要かと思います。
ちょうど前回、定期預金で高利率なものは、インターネット銀行(ネットバンク)が取り扱っていると、最後にお話しました。そこで今回は、定期預金の高利率なものとして、インターネット銀行のイーバンク銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行について、取り扱ってみたいと思います。
定期預金の高利率な銀行として、3つのネットバンクをご紹介しました。前回の大手都市銀行と比べると、高利率な定期預金であることが、よく理解できると思います。
一般にネットバンクは、実店舗を持たないだけに利率が高い場合が非常に多いです。またイーバンク銀行などは、特別な高金利のキャンペーンを頻繁に行っています。定期預金の高利率な銀行として、これらに注目するのもよいかもしれませんね。
気になる銀行の定期預金の利率を調べたいときには、「銀行名 定期預金 利率」で検索をすると良いと思います。
いかがでしょうか。代表的な大手の銀行の定期預金の利率をまずは書いてみました。多少の違いはありますが、銀行の定期預金の利率には大差がないことが分かります。
これを元にして、だいたいの基準を自分の中に作られてはいかがでしょうか?ちなみにこれはスーパー定期300万円未満のデーターです。
これに比して、インターネット銀行の定期預金の利率は、より高いものになっています。こちらの銀行の定期預金の利率も、機会をみて、ご紹介したいと思っています。
前回は、この「定期預金の利率」というブログを立ち上げた理由をご説明しました。定期預金の利率に興味があるので、勉強をしたことをこの場で書いて、自分の理解をしっかりとしたものに確立しようということでした。
定期預金利率で、私が一番最初に注目をし、そしてことあるごとにチェックしているのは、イーバンク銀行です。
銀行の中でも、一般にネットバンク(インターネット銀行)は、定期預金の利率が高いです。そこでこのイーバンク銀行の定期預金の利率をまず、ご紹介しました。
これを基準として、いろいろな銀行の定期預金の利率の一覧表などを見れば、基準となっている金利が分かっているだけに、理解も早まると思います。
定期預金の利率をこのブログを書きながら勉強をしていこうと思っています。定期預金の利率について勉強をしたこと、情報を集めたことを、このブログで毎回書いていけば、それだけ定期預金の利率についての知識がよりしっかりとしたものにできると思ったからです。
インプットだけではなくて、アウトプットもして知識を確立しようと思っています。定期預金の利率に関心のある方、定期預金の利率を学ばなければならないという危機感にかられている方に読んでいただいて、お役に立てれば嬉しく思います。
私も定期預金で利率の高い商品、を見つけたいと思ったのが、定期預金の利率にフォーカスして勉強を始めた理由です。それまでは、郵便局の定期預金(定期貯金)を愛用していました。けれども利率のよい定期預金は他にもたくさんあります。
そこで大手の銀行(みずほ、静岡、福岡、百五、みなと、七十七、京都、滋賀、りそな、北海道など)、いろいろな銀行の定期預金の利率を調べるようになりました。
定期預金の利率という堅苦しいタイトルのブログですが、内容は読みやすくて、易しいものになるように努めます。リラックスして読んでいただければと思います。

 

[ 142] 郵便局の定額貯金
[引用サイト]  http://www.owtnikoytukagietukoyknibuuy.com/

郵便局の定額貯金は、定額郵便貯金というのが正式名称です。毎月の第1、第3月曜日に、利率が変更されています。
定額貯金は10年間、金利が固定されます。しかも半年複利です。ですので、金利の高かったころは、利息がものすごく
つきました。満期を迎えると、元金が3倍になった人もいたくらいです。ところが、金利の低い時代となると、
その利息は比べ物にならないほど、ごく少ないものとなりました。郵便局の定額貯金は中途で解約も可能です。
また口数を分割することができるので、おの口数単位で解約をすることも調整が可能です。郵政公社(郵貯)の
看板商品として、定額貯金と定期貯金はかなり有名です。けれども利率の推移を見るとわかりますが、そのあまりの
郵便局の定額貯金と各銀行の定期預金の金利の比較を、1年ものでランキングした結果です(2008年4月15日現在)。1年ものを選んだ理由は、短期の1年ものであれば、金利上昇のリスク、インフレのリスクにも対応できるからです。
すぐに預入を決めるよりも、キャンペーンを待って、より高金利な条件で定期を組んだ方がよい場合もあるので、情報収集は大切です。こちらの 定期預金のキャンペーン もご参考ください。
・高金利のランキングでは、顔なじみの銀行。ネットバンクの中でも、金利の高さでは常に1位、2位を争う。
・ゴールドラッシュプログラムにより、自分のイーバンク口座に他の金融機関からの振込があった場合、その振込件数に応じて対象となるイーバンク銀行の口座へ現金がプレゼントされる。
・インターネット銀行の中でも常に高金利なので、その恩恵を得たい人。また給与振込など、他の銀行からの振込が多い人。なぜなら手数料無料で使える振込の回数が増えるから。インターネット銀行でも、振込手数料が無料の銀行はないので、このしくみが活用できれば、かなりお得。
・「Yahoo!ネットバンキングのサービス利用料が無料」「ヤフオクの代金の支払い・請求が簡単」など、総じて、ヤフー利用者にとっての利便性が高い。よってヤフーをよく利用する人。
・積極的にキャンペーンが催されている。現在は振込手数料無料キャンペーン中で、2008年6月30日(月)まで他行宛の振込の手数料が月に3回まで無料。
・銀行と証券会社の機能を融合させて使うことができ、非常に利便性が高い。よって、証券会社(SBIイー・トレード証券)を利用する人。
・1米ドル当たり25銭など、外貨の為替コストが一般の銀行に比べて安い。また外貨預金の残高が所定の条件を満たすと、通常よりも高い金利、低い為替コストで利用できる外貨預金優遇制度がある。
銀行口座としての使い勝手は、普通の銀行とは若干違う。よって銀行口座としての利便性よりも、とにかく高金利の定期預金を求める人。
・「ダイレクト預金」と「eダイレクト預金(インターネット取引専用の預金)」があり、eダイレクト預金がとりわけ高金利。
・知名度は大手ほどではないが、定期預金が高金利なのは事実。預金も都市銀行などと同じく1,000万円までは預金保険制度の対象となる。また中途解約しても元本割れはしない。少数派となっても、良いものであれば躊躇しない人に向いている。
(注) 本サイトの情報はあくまでも参考と考え、預入の際は該当する金融機関で情報を確かめてください。本サイトの情報によって不利益を得た場合も、本サイトには一切の責任がないものとします。
定額貯金の利率は気になることのまず第一でしょう。これ次第で、自分に多大な利息をもたらしてくれるか、すずめの涙ほどの利息になるかが決まるからです。
実際に預入をする場合は、定額貯金の利率を最寄の郵便局に行って尋ねるなりなんなりをしてください。それが一番確実な定額貯金の利率を知る方法です。
これから金利が上がる可能性があるのなら、10年間も現在の低い利率に甘んじている必要はありません。定額貯金の利率の低さが、その人気を失わせた大きな原因です。
金利が上がっているときの鉄則は、「預入の短い商品を利用せよ」です。定額貯金は利率が低い現在、正に避けるべき商品なのです。
これからの定額貯金の利率を、期待を込めながらしっかりと見守りたいですね。ぜひ昔の12%に戻って欲しいものです・・・。
定額郵便貯金って、ご存知ですか?この定額郵便貯金というのが、今までお話をしてきた、郵便局の定額貯金の正式な名称なのです。
実は私は、郵便局の「定額貯金」が、定額郵便貯金の正式名称だとずっと信じていました。定額預金と言う人もよくいて、あっ間違っている・・・としばしば思っていましたが、自分自身も、定額郵便貯金が本当の名前だとは知らなかったのです。
前回に、定額郵便貯金は過去の利率が12%ぐらいの頃があったと少しお話をしました。その定額郵便貯金の利率の推移が分かるデーターがありますので、ここでちょっとご紹介をしておきます。
ある意味、このデーターを見ると、今の定額郵便貯金の利率がなきに等しいものに思えて悲しくもなってきます。ですがとても勉強になると思うので、ぜひこの定額郵便貯金のグラフを自分の目で確認をしてみてください。
郵便局の定額貯金の利率が上がりました。銀行が金利を引き上げた影響を受けてか、郵便局の定額貯金の利率も郵政公社(郵便局)によって、2007年3月2日に引き上げると発表され、200年3月5日から、実際に引き上げられました。
この0.35%という利率で、半年複利として利息がついていくわけです。けれども昔の経験のある私の母のような人は、この郵便局の定額貯金の利率では、全然触手が動かないようです。
現状の郵便局の定額貯金の利率では、自分の財をこれによってどんどん増殖させていくことはできないでしょう。
けれどもこれからの推移をしっかりと見守っていきたいと思います。そしてチャンスを思う郵便局の定額貯金の利率になったら、すぐさま行動に移したいと思います。
1回目は、郵便局の定額貯金というこのブログをなぜ立ち上げたのかをお話しました。要約すると、郵便局の定額貯金で祖父だけではなく、母までも、恩恵を受けていたからです。
つまり郵便局の定額貯金は満期になると、元本の3倍になって戻ってくるという逸話を、祖父も母も体験していたのです。それを聞いて、私は郵便局の定額貯金に夢中になったのです。
母の場合は、私が生まれた頃、100万円を郵便局の定額貯金に預入しました。その結果として、満期になったとき、およそ300万円が戻ってきたのです。これには母もびっくりしたそうです。
なぜそのような力が郵便局の定額貯金にはあったのかというと、これは半年複利型の金融商品だからです。最初の3年は半年ごとに利率が上がっていきます。そして3年たつと最高の利率に到達します。そしてそれが10年間固定されるのです。
このようにして、郵便局の定額貯金は複利の力を思う存分に発揮して、金利の高い時代には、大変な利息を預入した人にもたらしたのです。
けれども今となっては母も、郵便局の定額貯金には関心を示してはいません。それは金利がこれほど低いと、複利の力が全然発揮されないからです。
郵便局の定額貯金について全くの素人だったのですが、郵便局の定額貯金の金利が引き上げられたことを機に、自分なりに勉強をしてみたのです。
もちろん郵便局の定額貯金に詳しい友人知人や家族にもいろいろと教えてもらいました。せっかく学んだので、郵便局の定額貯金についての情報や知識をブログにしてみようと思ったのです。
郵便局の定額貯金はとても人気のある商品でした。郵便局の定額貯金は、満期になると元金が3倍になって返ってくると言われていました。実際に、私の祖父やそして母もその恩恵に受けています。
ただ不景気になり金利が下がってしまうと、その郵便局の定額貯金の力も全然発揮されない世の中となってしまったのです。
ところが郵便局の定額貯金についての、祖父の話、母の話を聞いて、実際に元金が3倍になった事実を身内から体験談として聞かされました。それからです。俄然として郵便局の定額貯金に興味と関心を持つようになったのは!
この「郵便局の定額貯金」というブログでは、郵便局の定額貯金についての知識や情報を、易しく分かりやすく更新していきます。これから、郵便局の定額貯金について知りたいという人がいたら、正にこのブログが役に立つと思います。

 

[ 143] 預金の利率
[引用サイト]  http://www.yorrt.com/

預金の利率は、今後も当分の間横ばい傾向が続くと考えられます。ですから今の間に、預金の預け方をよく考えたらいいと思います。特に、定期預金はこれから冬のボーナス時期に向けて、キャンペーンが盛んになってきます。ですからできるだけたくさんの銀行の定期預金の利率を比較してみると、どこがいいのか分かってくると思います。銀行に限らず、郵便局の定期貯金や定額貯金の利率についても比較、検討してみるといいかもしれません。定期預金の利率、普通預金の利率に限らす、利率とは年利で表されているので、自分で計算して、比較する時はその点に注意が必要です。自分で預金利率の比較をするということは、とても大切なことだと思います。自分ですることによっていろいろなことが分かってきて、今まで気づかなかったところにも、目が向くようになります。そうすることで預金の利率についても、もっと詳しくなることが出来ると思います。特に普通預金の利率は、低いですが一番接点のある預金なので、今後利率が上がってくれたらいいなと思っています。そのような預金の利率の変動なども、常に気にして、情報を得ようとすることで、最新の情報が手に入ります。そうしなければ時代の変化に乗り遅れることになるので、自分の気になる情報には、常に目を向けていたいと思います。
普通預金の利率は、たいていの金融機関で0.2%です。ネット銀行ではちょっとよくて0.35%です。しかしちょっと前に比べたら、利率は格段によくなっています。
私は数種類ある預金の中では、普通預金が一番親しみがあって好きです。定期預金とかも利率が気になりますが、普通預金ほど接点はありません。ですから私は是非普通預金の利率について考えてもらいたいと思います。
私が一番最近、預金の利率でうれしかったのは、普通預金の利率です。それは実際に通帳に振り込まれているのを見たからです。
普通預金の通帳というのは、月に何回も使います。いつもいろいろとお世話になっています。だからこそ、普通預金の利率をもう少しよくしてくれたら、多分もっと利用しようと思うかもしれません。
取り合えず使う予定のないお金を、預けるかもしれません。私としては、普通預金のほうが使い勝手がいいので、利率がよければ普通預金に入れてしまうと思います。
そうすることで金融機関も今まで以上に潤いますし、私たち利用者も普通預金の利率が高いのはうれしいことなので、次回の利率の改定時には、普通預金のことももっと考えてほしいと思います。
定期預金の利率を比較してみると、やはりダントツはネット銀行です。ネット銀行の定期預金の利率は、普通の銀行に比較して突出していると思います。
それにネット銀行は定期預金の利率のキャンペーンなども、時期に関係なくよく行っているので、定期預金の利率を比較するなら、キャンペーンも比較してみると面白いかもしれません。
しかし、定期預金の利率を比較する時に大切なのは、たくさんの金融機関を、比較してみることかなと私は思います。ネット銀行が定期預金の利率がいいといっても、他の金融機関も比較してみることで、たまたま利率がいい定期預金が見つかるかもしれません。
ですから定期預金の利率を比較する時は、先入観を捨てて、いろいろなものを比較し検討することが大事だと思います。そうすると、案外地元の銀行が利率のいい定期預金のキャンペーンを行っていたりするかもしれません。
ですから、比較する時も一方向からだけではなく、多方面から見ることで、自分に合ったいいものが見つかるのではないかと思います。
定期預金の利率の比較も、たくさん行うことで分かってくることもあるので、どんどんやるべきだと思います。そうすることで知識も増えていって、新たな発見が出来るかもしれません。
預金の利率というのは、通常年利で表されていることがほとんどです。要するに預金の利率とは、元金に対する利息の割合のことです。
ですから、例えば利率が1%だとすると、それは1年間預金した場合に受け取れる%です。ですから単純に半年だと半分の0.5%ということになります。
預金の利率とは、このように年利で表されているので、自分で預金の利率を計算する時は、このことも忘れずに計算しなければなりません。
預金には利率のほかにも、金利とか利息とかいろいろな表現がありますが、どれも大体は同じ意味です。ただ私は、利率という表現方法よりも、利息で表現されるのが一番分かりやすいと思います。
それはどうしてかというと、利率は%ですが、利息は金額そのもので表現します。ですから普段使い慣れている利息のほうが、よっぽど分かりやすいと思います。
預金の利率を計算して、利息がいくらかを自分で計算するわけですが、もし計算が面倒なら、金融機関でやってもらってもいいと思います。
でもどうせなら自分のお金のことなので、預金の利率の計算も自分で出来たほうが、預金を比較する時などに役立つと思います。わざわざ出向かなくても済みますし。
預金の利率はちょっと分かりにくいですが、なれてしまえば簡単なので、是非たくさんかかわりを持ってほしいと思います。
定期預金を利率がよいところで利用したいのは、誰もが思うことだと思います。定期預金を利率で選ぼうと思うなら、まずは定期預金の利率について、情報を掴まなければなりません。
定期預金の利率について情報収集するには、たくさんの方法があります。新聞、テレビはもちろんですし、ネットでの利率の情報は、かなり有効ですし、実際に金融機関に行ってパンフレットなどをもらってくる方法もあります。
定期預金を利率で選ぶには、時期的なこともあります。今は9月です。もうすぐ冬のボーナス時期が近づいています。そうすると各金融機関では、キャンペーンが盛んになってきて、定期預金の利率も若干いいものになります。
このような情報は必ず入手したいです。情報を持っていなければ、利率が上がっても知らないうちに終わってしないます。
実際に私も今か今かと目を光らせている状態です。定期預金の利率について、少し知識が増えた今、やはりどこの金融機関の定期預金に預けるのが一番いいか、気になります。
定期預金の利率はこのところ横ばい傾向が続いています。つい先日も、日銀は利上げを見送ったばかりです。そうなると、定期預金の利率はさらに当分の間、変動はないといってもいいと思います。
定期預金の利率が、あまり大きく変化しないと分かっている今、私たちはどのように定期預金を利用したらいいのか、考えなければいけないと思います。
定期預金にするときの利率も、預け入れ期間を短期だけではなく、中期的に見ていってもいいかもしれないと、私は思います。
中期的にというのは、やはり定期預金の利率の変動が少ないといっても、以前に比べたら定期預金の利率は、動きやすい時期です。ですから、長期的に定期預金を利用してしまうのは、ちょっとリスクがあるかなと思います。
定期預金の利率は、今はまだ上昇しきっていないと思うので、今後どのように変動するかは分かりませんが、数ヶ月単位の短期的な定期預金じゃなくても、1年くらいのものでも、これからの利率の変動には十分対応できるのではないかと、私は見ています。
定期預金の利率の動きについて、人それぞれ読みは違うと思います。しかしこればっかりは動いてみないと、その読みが正しかったのかどうかは判断できません。ですから、定期預金の利率の動きに対応できるようにだけはしておいたほうがいいと思います。
● クッキーとは、サイトに訪れた方が使用しているコンピュータを識別するためのデータを指します。このクッキーを送付することによって、サイトに訪れた方が使用しているコンピュータを識別できるようになります。しかしそれはコンピューターのみの話で、訪れた方をある個人として特定できるわけではありません。クッキーは標準的なものとして、多くのサイトで使われています。このクッキーの導入によって、サイトに訪れた方が再訪された時の利便性を高めることができます。
● そしてウェブビーコンは、クッキーとともに統計情報を得るために使われます。サイトへのアクセス、サイトの利用のされ方などの統計情報です。このウェブビーコンも、サイトに訪れた方をある個人として特定することはできません。
● クッキーは、ブラウザーの設定によって無効にすることも可能です。ウェブブラウザーのヘルプでクッキーの項目を見るとその方法が記述されているので、参考にしてください。但しクッキーを無効にした場合、サイトの機能の一部が使えなくなることもあります。

 

[ 144] 国債の利率
[引用サイト]  http://www.ksirrt.com/

国債利率というのは、発売された時に設定されていて、個人向け国債では、5年では固定で1.15%、10年国債利率では0.85%です。国債とは一般的には利付国債のことで、利率も利付国債利率というように言います。国債利率で特に気になるのは、個人向けだと思います。個人向けには、5年と10年があります。どちらも、最低金利保証で0.05%は確保されています。しかし、固定と変動という大きな違いがありますから、利率がどのように推移していくか、慎重に見極めてから購入したいと思います。特に国債利率の推移は、ここ最近の金利の上昇に連動していると思います。しかし、日銀も利上げを見送り、特に10年のでは、0.8%〜0.9%代で推移していることが多いです。そうなると個人国債利率では、5年物の方が得なのかなと思います。長期国債利率でも、中期国債利付利率でも、上がるということは、国の借金がさらに増えるということになります。結局利息が増えても、税金が上がったりして、元も子もないということになります。 日本は借金大国なのに、アメリカ国債利率もたいしたことないのに、買い続けています。日本がもっと健全化されて、よい国になってほしいと思います。そして、借金しなくても運営できる国になって、将来子どもたちが安全に心身ともに豊かに暮らせる国になってくれたらうれしいです。
長期国債利率とは、個人向けの10年物の利率があります。他には長期国債利率というと、償還期間が5年〜10年物の国債の利率です。日本で今一番発行されている国債は、10年物の長期国債です。
長期国債利率は、個人向けでは変動ですが、通常は長期国債利率は固定なので、個人向けの10年物の長期国債利率のように、世の中の利率が上昇しても利率は変化しません。長期国債利率に限らず、国債の価格が下がると利率は上昇します。
今は国債というのも、個人向けが出来て、親しみやすくなりました。テレビコマーシャルでもよく目にします。しかし長期国債でもそうですが、国債というのは、国が購入者に借金をすることです。
ですから、長期国債利率も上昇すればうれしいですが、裏を返せば国の借金が増えるということになります。利率が上がるということは、国が支払う利息が増えて、結局は国の財政はますます悪化することになると思います。
そうなるといろいろなところに影響がでてきて、税金が上がったり、私たちの生活にも大きく影響してきます。
長期国債利率が上がっても、何となくいいことないのかなという気分に、なってきました。長期国債利率が上昇し、支払われる利息が増えたと喜んだところで、結局は他の形で払わなければならない、そんな感じに思います。もっと国の財政が健全化されていくことを期待したいと思います。
そうなると、購入時期が少し違うだけで、受け取れる利息は、大きく違ってくるのです。ですから、国債利率の推移はよく観察しないといけないと思います。
そして10年物の国債利率は変動です。過去では、平成15年4月発行の第2回債の1回目の利率は、最低金利の0.05%でした。銀行の定期預金よりは国債のほうがまだいいかなといった感じです。
その後は、10年物の国債利率も少しづつ上昇して推移しています。上がったり下がったりしながらの推移ではありますが、最低金利の0.05%はありません。
このように国債利率の推移を見てみると、下がったり上がったりする推移ですが、国債利率は10年物の利率が5年物の利率を上回る確率は少ないのかなと思います。
利率の変動というと、利率は上がっていくのかと思いがちですが、それは違って、上がることもあれば下がることもあります。
10年国債も、5年国債も半年ごとに利息の支払いがあります。10年国債の場合はその度に利率は見直されます。
10年国債の利率は、最近では大体0.8%以上をキープしていて、まずまずではないかと思います。しかし、日銀の利上げの見送りも続いているので、利率は当分は上がったり下がったりしながら推移していくのかな思います。
10年国債でも、5年国債でも、中途解約してしまうとペナルティーがあります。10年国債の場合は、1年経過後であればいつでも中途解約が出来ます。
しかし中途解約すると、額面金額+経過利子相当額から直前2回分の各利子(税引き前)の相当額を引いたものを支払わなくてはなりません。ですから、保有期間が短いと元本割れする可能性も出てきます。
10年国債は利率が変動なので、半年ごとに利率がどうなるのか楽しみがあります。ですから、10年国債は利率の変動の楽しみを買うと考えてもいいかもしれません。
そして、個人向け国債の5年と10年の大きな違いは、5年では金利固定型、10年では金利変動型で利率が計算されるということです。
しかし5年物は固定なので、5年間同じ利率で利息が支払われます。それに対して10年物は変動ですから、経済情勢に応じて利率も変動します。
なので、個人向け国債を購入する時は、5年で利率が固定されていても、10年の利率が5年の利率を超える事がないかどうかが、10年と5年、どちらを購入するかの分かれ目になってくると思います。
個人向け国債は、中途換金すると時期によっては元本割れする可能性があります。なので購入する時はよく考えることが重要です。
国債というのは、日本が発行していて、満期日の元本と半年ごとの利息の支払いが、約束されているのもです。国債も投資の1つですから、利率が高いほうが得です。
国債利率も、世間一般の金融機関の金利と連動しているところがありますので、世の中の金利が上がれば国債利率も上がることが多いみたいです。
ですから定期預金の金利より、国債利率に期待して5年とか10年待ったほうが、日本の信用性を考えると得かもしれません。
しかし国債利率というのは、日本が発行していて、国債利率ももちろん日本が払います。ですから日本の経済状況の極端な悪化などによっては、支払われないこともありますし、世の中の金利が下がり続ければ、国債利率も下がります。しかし国債利率の下限は0.05%と決められているので、以前の銀行の金利の0.01%などのようにはならないと思います。
国債利率は、発売されるごとに変化します。それは当たり前なのですが、他の金融機関の金利に比べると、変動が大きいよう思います。
ですから、購入時期が1回違うだけで、国債利率も全然違うこともあるので、そのあたりの見極めも必要かと思います。
● クッキーとは、サイトに訪れた方が使用しているコンピュータを識別するためのデータを指します。このクッキーを送付することによって、サイトに訪れた方が使用しているコンピュータを識別できるようになります。しかしそれはコンピューターのみの話で、訪れた方をある個人として特定できるわけではありません。クッキーは標準的なものとして、多くのサイトで使われています。このクッキーの導入によって、サイトに訪れた方が再訪された時の利便性を高めることができます。
● そしてウェブビーコンは、クッキーとともに統計情報を得るために使われます。サイトへのアクセス、サイトの利用のされ方などの統計情報です。このウェブビーコンも、サイトに訪れた方をある個人として特定することはできません。
● クッキーは、ブラウザーの設定によって無効にすることも可能です。ウェブブラウザーのヘルプでクッキーの項目を見るとその方法が記述されているので、参考にしてください。但しクッキーを無効にした場合、サイトの機能の一部が使えなくなることもあります。

 

[ 145] 定期預金の利率
[引用サイト]  http://creditcard.main.jp/

定期預金の利率、つまり定期預金の金利を、1年ものの定期預金で比較した結果です(2008年4月14日現在)。1年ものを選んだ理由は、短期の1年ものであれば、金利上昇のリスク、インフレのリスクにも対応できるからです。
すぐに預入を決めるよりも、キャンペーンを待って、より高金利な条件で定期を組んだ方がよい場合もあるので、情報収集は大切です。こちらの 定期預金のキャンペーン もご参考ください。
・高金利のランキングでは、顔なじみの銀行。ネットバンクの中でも、金利の高さでは常に1位、2位を争う。
・ゴールドラッシュプログラムにより、自分のイーバンク口座に他の金融機関からの振込があった場合、その振込件数に応じて対象となるイーバンク銀行の口座へ現金がプレゼントされる。
・インターネット銀行の中でも常に高金利なので、その恩恵を得たい人。また給与振込など、他の銀行からの振込が多い人。なぜなら手数料無料で使える振込の回数が増えるから。インターネット銀行でも、振込手数料が無料の銀行はないので、このしくみが活用できれば、かなりお得。
・「Yahoo!ネットバンキングのサービス利用料が無料」「ヤフオクの代金の支払い・請求が簡単」など、総じて、ヤフー利用者にとっての利便性が高い。よってヤフーをよく利用する人。
・積極的にキャンペーンが催されている。現在は振込手数料無料キャンペーン中で、2008年6月30日(月)まで他行宛の振込の手数料が月に3回まで無料。
・銀行と証券会社の機能を融合させて使うことができ、非常に利便性が高い。よって、証券会社(SBIイー・トレード証券)を利用する人。
・1米ドル当たり25銭など、外貨の為替コストが一般の銀行に比べて安い。また外貨預金の残高が所定の条件を満たすと、通常よりも高い金利、低い為替コストで利用できる外貨預金優遇制度がある。
銀行口座としての使い勝手は、普通の銀行とは若干違う。よって銀行口座としての利便性よりも、とにかく高金利の定期預金を求める人。
・「ダイレクト預金」と「eダイレクト預金(インターネット取引専用の預金)」があり、eダイレクト預金がとりわけ高金利。
・知名度は大手ほどではないが、定期預金が高金利なのは事実。預金も都市銀行などと同じく1,000万円までは預金保険制度の対象となる。また中途解約しても元本割れはしない。少数派となっても、良いものであれば躊躇しない人に向いている。
(注) 本サイトの情報はあくまでも参考と考え、預入の際は該当する金融機関で情報を確かめてください。本サイトの情報によって不利益を得た場合も、本サイトには一切の責任がないものとします。
定期預金の利率は、依然低いままであるが、預金者としては少しでも高利率の商品を見つけたいと思うものだ。定期預金といえば、どの銀行でも取り扱いのあるスーパー定期、スーパー定期300、1000万円以上の大口預金が内容もシンプルでわかりやすい一般的な定期預金であるが、銀行間での利率を比較しても差はほとんど見られない。
『仕組み預金』や『デリバティブ預金』と呼ばれるもの、『外貨定期預金』などがある。確かに高利率が魅力なのだが、長期間の預入れ、最低預入れ額が大きい、中途解約ができない、満期前の解約には元本割れのリスクが伴う、為替により利率も安定しない、など高利率だが状況によりリスクを伴う場合もある。
ところでネットバンクの定期預金の利率は、最近の推移をみるとわずかであるが上昇傾向にある。気になる銀行の定期預金は新聞や情報誌上でランキングや利率の一覧表などが掲載されていたら目を通すよう心がけたい。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。