×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
関東 頂け 命題 オプション 入手 注記 グッズ 届け 人気 お知らせ 安全 予報 をもって 用意 許す モータースポーツ カード 経常 パソコン 注ぎ インターネット 芸能人 showYesNoDefaultMessage 初期 約定 信託 知ら 損害 メニュー ベリサイン

利便とは?/ プロミス

[ 279] デジモノに埋もれる日々: 地デジ・コピーワンスとHDDレコーダの失速 - 質と利便性のトレードオフ
[引用サイト]  http://c-kom.homeip.net/review/blog/archives/2007/04/hdd_4.html

昨年のDVDレコーダーの国内出荷台数は、前年比18%減となった。世帯普及率はまだ40%台なので、これは市場が飽和したためとは考えられない。その最大の理由は、関係者が一致して指摘するように、コピーワンスのおかげで操作が複雑になり、普通の視聴者には扱えない機器という印象が広がったためだ。たとえば、あずまきよひこ.comで紹介されているように、番組をPCで見るためには、DVD再生ソフトやDVDドライブなどをすべて買い換えなければならない。
20年ほど前、NHKのハイビジョン・プロジェクトで視聴者のブラインド・テストをやったとき、われわれが衝撃を受けたのは、ほとんどの視聴者が画質を見分けられないということだった。ハイビジョンの番組と、普通の番組を単に横長にしたものを30インチ以下のモニターで見せると、90%以上の人が区別できない。いろいろな条件を変えて「どっちの映像がきれいか」と質問すると、もっともはっきり差が出るのは、色温度とコントラストで、解像度は最下位だった。
アンケート調査で、視聴者がもっとも望んだのは「見たい番組をいつでも見られるようにしてほしい」ということで、「たくさんのチャンネルを見られるようにしてほしい」という答も多かった。「いい画質で見たい」という答は最下位だった。だから今までと同じ番組の解像度を単に上げるだけの地上デジタル放送には、もともと需要がないのだ。
私の場合は、RD-X1とRD-X5を所有しているのですが、デジタル放送対応機は様子見しています。友人にも相談される事が多いのですが、『アナログ放送のを買っておけばいいんじゃないかな』といっています。
そろそろBSデジタルにも録画したい番組が出てきたので、どうしようかと考えていますが、今一つ購入意欲が湧きません。正直欲しいのは、大容量とPCとの連携です。高画質は、必要性を感じないですね。
たまに、日本の友達が日本のアナログ放送をVHSテープに3倍速で録画して送ってくれるんですが、それでも(VHSの3倍速でも)アメリカの放送に比らべるとまばゆいほど画像が美しくて、ためいきがでます。子供はそこに本物があるのかとブラウン管に触ろうとするほど。
このリストは、次のエントリーを参照しています: 地デジ・コピーワンスとHDDレコーダの失速 - 質と利便性のトレードオフ:
デジタル放送のコピーワンスが噴飯物であるのは論を待たない話で、地デジの普及を阻んでいる最大の要因はコピーワンスにあるとも言われている。また、DVDレコの売り上げ [続きを読む]
テレビはあまり見ないのですが、必ず見る番組があります。こんなときに重宝するのがHDDレコーダーです。ビデオやDVDレコーダーだとディスク出したり入れたりと... [続きを読む]
地デジ非対応のテレビジョン受像機で地デジを受信するには?地デジチューナーを買います。今回の記事は、あくまでもテレビ(テレビジョン受像機)は新規に購入せず、... [続きを読む]
地デジブースターは、、地デジ電波の弱いエリアで、地デジの受信感度を向上させるための装置のことです。地デジブースターとして単体で売られているものもあれば、地... [続きを読む]
地デジのエリアは、Dpa(社団法人デジタル放送推進協会)が地デジ放送エリアのめやすを公開しています。例えば、僕の親友の司くんのふるさと、三重県桑名郡の地デ... [続きを読む]

 

[ 280] ソニー、高画質・利便性・デザインにこだわった新「BRAVIA」4シリーズ11機種 - ITmedia +D LifeStyle
[引用サイト]  http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/21/news086.html

新製品は、スポーツ/映画/写真など各種コンテンツに適した画質で再現する高画質機能、「ブラビアリンク」および「おき楽リモコン」の利便性・操作性向上、置き方やカラーバリエーションによる空間の演出ができる新デザイン、自社循環再生プラスチックの採用&低消費電力化による環境配慮型などが主な特徴だ。
新製品では、独自の倍速技術「モーションフロー」をフルHDパネルモデル全機種に搭載。従来の2倍のスピード(毎秒120コマ)で映像を映し出すとともに、独自のアルゴリズムにより動きの速い映像を残像感少なく、映画特有の輪郭のゆれをなめらかな動画で再現する。
また、新開発の独自高画質エンジン「ブラビアエンジン2」を全11機種に搭載。シーンごとの動きや明るさに応じてノイズ低減をコントロールすることができ、動きの少ない映像ではランダムノイズをメインに低減。また暗いシーンではシャープネスを抑えることによってノイズを低減。さらに被写体の動きと映像のノイズを独自のアルゴリズムで分離してノイズ処理を行うため、ノイズを除去しても残像が発生しにくい、効果的なノイズリダクションが可能という。
映画鑑賞用の専用画質モード「シネマ」を全機種に搭載。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントのサポートにより開発したこのモードは、映画製作者の意図をより忠実に再現し、映画館で上映されるオリジナルにより忠実な画質を再現できるという。また、フィルム映画の毎秒24 コマ映像が同じ映り方で再現される「24p True Cinema」機能も全機種に搭載。
デジタルカメラで撮影した写真をテレビの大画面で簡単に鑑賞できる「静止画専用フォト画質モード」を搭載(接続はコンポーネント接続/HDMI 接続/USB接続/DLNA経由接続に対応)。またソニー機器同士の組み合わせで、さらに写真らしい高精細で微妙な質感や色合いの表現を可能にする「ブラビアプレミアムフォト」機能も備えた。
2.4GHz無線通信採用で操作性を向上させた好評の「おき楽リモコン」には、今回新たに「リンクメニュー」のダイレクトボタンをリモコン上に追加。HDMIケーブルで接続されている機器の一覧をワンボタン操作で表示できるようになった。この新「おき楽リモコン」は32V型以上の機種に採用。また、ブラビアリンクが新たにデジタルビデオカメラ「ハンディカム」や「テレビサイドPC」にも対応。リモコン1つで、各種機器の操作が簡単に行える。
またF1シリーズは、見る角度によって表情を変える新光沢塗装「サファイアブラック」と押し出しアルミを使用した「シルバー」という、2種類の素材を使用したベゼルを用意。J1シリーズでは、セカンドテレビとして置かれる幅広い空間にマッチさせやすいようブラック/ホワイト/レッド/ブラウンの計4色の本体カラーを用意した。
若年層や女性向けのM1シリーズは、コンパクトな筐体デザインにシルバー/ブラック/ピンク/ブルー/オレンジ/グリーンの計6色のカラーバリエーションを揃えた。さらに、ベゼル部分とループ部分のカラーをユーザーが選べる「スペシャルカラーエディション」を用意(「e-Sony Shop」「ソニースタイル」限定販売)。ベゼルカラーはピンク/オレンジ/ブルー/グリーンから、ループ部分はそのベゼルカラーと同系色のカラーもしくはシルバーを組み合わせて計8種類の組み合わせから、好みのカラー選べる。
発表された「BRAVIA J」に搭載されたネットワークアプリケーション「アプリキャスト」。パートナー企業としてコンテンツを提供するヤフーに、同社がテレビへ期待する理由を聞いた
ソニーの「Sountina」(サウンティーナ)はルックスも音もユニークなスピーカーシステムだ。高さ185センチの円筒形で、上半分は透明なガラス管。しかも、近くに立っても、離れていても同じように聞こえるという不思議な特性を持つ。開発担当者に話を聞いた。
最近、個人的に注目しているのが20〜16インチ程度の小型液晶テレビだ。以前は小型テレビといえばコスト最優先の製品ばかりで、画質に関してはさほどケアされていないものが多かった。ところが最近は事情が変わっている。
今年はオリンピックイヤー。かつてほど爆発的に売り上げが伸びるわけではないが、それでもやはり通常期よりは市場は盛り上がるため、各社は商機を逃がすまいと、独自の戦略で新製品を投入している。まずは東芝とパナソニックを取り上げ、新製品の傾向を探ってみたい。
ソニーのBRAVIA「M1シリーズ」は、ポップなスタイルと豊富なカラーバリエーションを持つパーソナル液晶テレビ。単に大型テレビをスケールダウンしたような製品が多い中、明らかに小型テレビのために設計されたデザインだ。その外観と機能性をチェックしていこう。
春は、入学や就職のために新しい生活を始める人がもっとも増える季節。部屋のふんいきを決めるテレビの選択には少し気合いを入れたいものだ。そこで今回は、一人暮らしや個室利用に適した20V型前後の液晶テレビを紹介しよう。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。