×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
ネット navigator につい オグシオ 許さ 計算 取得 名前 ベビー 東京 同一 特長 購読 合わ 住友 購入 九州 キャッシングサービス 記録 自動車 Workstations 料金 開幕 問合せ 広報 personalization 入会 魅力 ポイント について

出費とは?/ プロミス

[ 153] トラックバック送信ツールに17,000円出費する愚劣
[引用サイト]  http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-720.html

トラックバック送信ツールに17,000円出費する愚劣ブログアフィリエイトにおいて、トラックバックは意味がないどころか、スパマー認定されかねない。
ブログアフィリエイトにおいて、トラックバックは意味あるのか?:ブログアフィリエイトで幸せになりたい!!
アフィリエイターの主目的は、当然、自分のブログでより多くのアフィリエイト収入を得ることだと思うのだけど、ごく一部の優れたアフィリエイターを除いて、この「主目的」を達成している人は少ないのではないだろうか。目標とするアフィリエイト収入の額にもよるだろうけど。
しかしアクセスアップは記事の質によるものであるのが望ましく、検索トラックバックによるものの場合、効果があるどころか逆効果になる事のほうが多いのではないかと。
記事に使われている語句が一致するという理由で送られているトラックバックは、多くの人にとって単なるスパムトラックバックと変わりない。リンクのないトラックバックが受け付けしないブロガーが増えたのも、こうしたスパムツールを使用するアフィリエイターが増えてきたからだ。「語句の一致」=「関連する話題」ではない。精度の良い検索ツールを使えば、受け取る人によっては関連性を見出してくれるかもしれないが、残念ながらそこまで精度の高い‘スパムツールから送られたと思わせない’ようなツールにはお目にかかったことがない。もっとも「そう思わせない」ように送っているから僕が気づいていないだけなのかもしれないけれど。
ツールから大量に送られてきたと思しきトラックバックが、自分のブログにブログにやってきたら、その人はどんな反応を示すだろうか。
トラックバック元を確認する人がいれば、その場でカウンターがひとつ回るわけなんだけど、確認した人の中には自分のブログとの関連性を見出せずに不快な思いをし、窓を閉じる人も少なくないだろう。FC2ブログの場合、トラックバックを削除する際に「スパムとして登録」するかどうか訊かれ、「はい」を選択するとFC2ソーシャルスパム対策行きに。スパム扱いされたトラックバックを発信したブログは、ソーシャルスパム対策ユーザー間で共有され、自分のブログのトラックバック欄に反映されないようになる。ソーシャルスパム対策ユーザーでなくとも、あからさまに宣伝臭のするトラックバック(ブログや記事の題名、表示される概要からある程度判断できそうだ)は、クリックされなくなると思う。
要するにツールを使ったトラックバックでは、一時的にアクセス数を増やせても、それを継続することが難しいことになる。
僕は以前から「スパムトラックバック送信ツールを使っているアフィリエイターは、本当にその効果を実感しているのか?」という疑問を持っていたので、冒頭で挙げたリンク先の方に質問をしてみた。
ブログアフィリエイトにおいて、トラックバックは意味あるのか?:ブログアフィリエイトで幸せになりたい!!
アフィリエイトブログを始めてから、どのくらいのアフィリエイト収入があったのかはわからないけれど、わざわざ新たに17,000円のツールを購入しているところを見ると、自分が考えていたような収入がなかったに違いない。
しかも面白いことに、akiさんはツールを使って送信したトラックバック先のブログを、わざわざ読んでいる、というのだ。批判を回避するためのでまかせなのかもしれないが、トラックバックの送信先を読むことで、重複トラックバックをしていないことを確認しているとの事だから、ナナメ読み程度は行っているのかもしれない。しかし僕は思うのだけど、トラックバック送信先の記事を(ナナメ読み程度でも)読むのであれば、17,000円もするスパムツールなど買わなくても良いのじゃないかしら?
スパムツールはこうした作業を全て自動化するのが魅力なのであって、いちいち相手のブログを確かめるのなら、17,000円の価値はない。
正直なところアフィリエイターのブログには、魅力を感じるものはほとんど存在しない。恐らくは何かのマニュアル(決して安価ではない情報商材だろう、きっと)を参考にしているのだろう、あまりにコピペっぽい、その記事を読んだだけではたいした情報が得られない画一的なもので、多くの場合はスパムツールか情報商材へのアフィリエイトリンクがなされているだけ。
高いお金を出しても商材を買って、その商材で楽をしてアフィリエイト収入を増やしたいと考える人のおかげで、商材の販売元の人は大儲けをしているだろうけど、その販売元の孫販売をやっていてもたいして収入は期待できないどころか、多くの場合スパマー認定されているものと思われる。
b:id:takhasegawa
『大概のアファリエイト目的のブログってブログ自体が自動生成で、ブログ自体の評価が上がろうが下がろうが知ったこっちゃない使い捨てなんじゃないの?』
おっしゃるとおりだと思います。
アフィリエイトの収入が主目的で、それなりにうまくやっている人は、他人が迷惑だろうと、短期間にいくらかでも稼いで、そのブログがだめになったら新たに立ち上げて同じ事を繰り返すという手法で成功しているのかもしれません。
そういう意味では記事中で取り上げたakiさんは良心的というか、純朴に過ぎるかも。
でもakiさんのような人がいるから、あまり効果的とはいえないスパムツールを売り上げて儲けているスパマー(つーか、その人自身はたぶんスパムツールを使っていないと思うが)が存在するのでしょう。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。