×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
一切 不要 応援 料金 利回り contentDocument 試合 狙う 基準 騙っ アクセス デスク 土日 スマート 郵送 借り入れ 番組 待っ ディーシーカード 人々 メール チケット ヶ月 フッターエリア 管理 減る 高水準 必然 単位 運転

何らかのとは?/ プロミス

[ 538] ITmedia エンタープライズ:Googleはデータに何らかの手を加えている? コンテンツ時代のデータ像
[引用サイト]  http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0606/28/news121.html

「DBはわれわれが住んでいる世の中の“写し絵”だ。リレーショナルDBは表の形でデータを管理するが、CADや、マルチメディア、ネットワーク管理などはデータが複雑でリレーショナルDBモデルでは表現が難しい。それよりオブジェクト指向DBを持ち込んでCADのデータをマッピングした方が分かりやすい。DBはある記号系の下で実世界を写し込む」と解説した。
また、最近のDBの研究開発は、データの内容に立ち入った領域で進められているという。具体的には従来のリレーショナルDBやオブジェクト指向DBでは枠組みが決まっているが、半構造では文章の書き方を指定する。時々刻々入ってくるデータをどう管理するかもテーマだ。
そして、「もう1つ言及しておかなければならないのが、マルチメディアDB」と同氏は語る。「われわれが住んでいる3Dの世界プラス時間をどうするのかという話になる。実世界を写し込んでいるDBにもう1歩入ってさまざまな解析を行う結果、現実世界と、DBの密な関係性の認識が見えてくる」というわけだ。
Webについては、「ここ数年、Webの世界でも“差しつ差されつ”の関係、つまり、リンクが張られているかいないかのコミュニティーの関係が重要になってきた」と語る。続けて、「このコミュニティーを時間的関係で追うと、結構、いろいろなことが見えてくる」という。
実例として社会科学者は実地調査をしなくても、Webコミュニティーを調べると研究が済んでしまう時代を迎えたことを指摘した。Webマイニングが社会科学研究に与える影響は大きい。実際にお茶の水女子大では、ジェンダー研究センターと増永教授、そしてWebのアーカイブとマイニングのツールを提供してもらうために東京大学の喜連川教授と組んで研究を進め、その結果、例えば「女性センター」「男女共同センター」などが日本全国で2003年には幾つ作られたか、どう発展してきたかがきれいに分かるという。日本全国をわざわざ調査せずとも、センターがどう生まれ、合併し、解消したかも専門家が見ると一目瞭然に分かるわけだ。
こうしたことから、「コンテンツとWebマイニングは社会科学の新しいツールになる」と結論付ける。ただし、マイニングツールについては、「われわれがいろいろ改良の要望を出した。専門的知識のある読み手がマイニングツールを鍛えることが必要となる。ドメイン知識、つまり、研究対象について専門知識のある人が、マイニングツールについて『こうしてくれ、ここを改良して欲しい』と要望することが必要だ」とポイントを指摘した。
続いて、増永教授が客員教授として2年ほど関係した三鷹の国立天文台における仮想天文台の話にも触れた。これまで天文学者は望遠鏡を覗くのが研究活動だったが、仮想天文台ができ上がると、「今後、望遠鏡は不要になり、作られたDBを見ることになる。そこにすべてがある」という。これは現在進行しているプロジェクトで、2008年に完成する予定であるとしている。増永教授はリレーショナルDBの問い合わせ言語の開発を担当している。
「現状の天文学者は望遠鏡からの1Tバイト程度のデータを収集して解析しているが、仮想天文台では世界中の仮想天文台のDBを統合して、極めて効率的にデータを得ることができるようになる。日米欧の統一した標準化を進めているが、問い合わせ言語についてはわたしが開発した上位互換性を持つSQLが世界標準に採用されることになった。天文学も望遠鏡は不要になる」と解説。これもコンテンツ中心のDBの一例と言えるものだ。
また、検索エンジンについて、とりわけGoogleの信用性と透明性について興味深い話を披瀝した。「今まで言われていたWebの信頼性は、検索した結果にどれだけ信頼性がおけるか。検索すると1位から順に結果が表示されるが、その順位が正しいのか。透明性は、表示順位のストラテジーをユーザーに明らかにできるかどうか」と解説。
つまり、Googleと提携している検索エンジンは、Googleから提供された結果をそのまま手を加えず表示していることを意味しているのだが、しかし、Googleの表示結果そのものと、ほかの提携サイトの表示結果を比較すると、明らかな違いがあると増永教授は疑問を呈し、Googleはほかの検索サイトに提供するデータに“何らかの手を加えている”ことを意味しているのではないかと主張する。「Googleのエンジニアに知り合いもいるので尋ねても、『きちんとやっている。人手は入れていない』という回答が来るだけだ。しかし、明らかにおかしい」。
一般的には、ページランクが高いから高順位に行くという説明がなされているが、「そうした相関性も見られない。また、バックリンクの数との整合性も、Yahoo!で調べたものとは異なる」と明かす。
そして「皆さんも表示順位のランクを調べて欲しい。わたしが主張したいのはおかしいと思うのとともに、『なぜ、そうした順位になったのかユーザーの誰にも分かる形で示して欲しい』ということ。これは社会的責任だと思う」と結んだ。
民間からCIOとして長崎県庁に入り、8年目。「電子自治体化にかかるコストを大幅に削減せよ」というミッションを与えられ奮闘中だが、自らの経験をもとに、コスト削減に必要な「視点」について考えてみた。
プロシークは求職者を対象に実施したアンケート結果を発表した。コンサルタント、IT、クリエイティブ関連の求職者の50%以上がスカウトを活用していることが分かった。
アプリケーションに見るトラステッド・コンピューティング:ノートPCのデータを絶対に漏えいさせないために
FOOキャンプで産声を上げたchumbyは、これまでの情報端末の姿を変える可能性を秘めている。何より、開発元がハッキングを推奨するといういい意味でGeekのためのデバイスとなっているのが素晴らしい。
1年前に投稿されたこの記事。「来年の今ごろになれば、Web2.0などは過去の出来事の1つに成り果てている可能性すらある」と述べられているが、現状と併せて読み進めてみると、幾分の真実が含まれている。

 

[ 539] 「97%のサイトのWebアプリケーションに何らかのセキュリティ・ホール」---Webアプリ侵入検知/検査ツール・ベンダーSanctumの創業者に聞く:ITpro
[引用サイト]  http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NOS/NEWS/20011012/1/

---実際のサイトで稼働しているWebアプリケーションにも,セキュリティ・ホールを持つものは多いのか
すべてのサイトを調査したデータは存在しない。しかし,我々はツールの販売のほかに,Webアプリケーションにセキュリティ・ホールが存在するかどうか検査する監査サービスも提供している。この監査サービスを利用した顧客の約300サイトを検査した結果,97%のサイトに何らかの重大なセキュリティ・ホールがあった。
23%のサイトでは,クラッカが価格を改ざんして商品を安く購入できてしまうという欠陥があった。また,24%のサイトでは,情報を格納したファイルの内容が外部から参照できるなどの問題があり,情報へのフルアクセスが可能だった。
他人になりすまして取り引きができてしまうサイトが5%。情報を改ざんできてしまうサイトも5%。管理者権限を奪われ,すべてが可能になってしまうサイトも5%あった。3%のサイトでは,データを全部消去することができた。
これらの問題を引き起こすセキュリティ・ホールの種類はいくつもある。例えば,Cookie情報やクエリー文字列(URL中に「?」に続いて記述されるデータ)にユーザーIDが含まれてさえいれば正しいユーザーだと判断してしまうようなWebアプリケーションは危険だ。クラッカは本来のユーザーになりすまし,ユーザーの個人情報をのぞき見たり,注文などの取り引きができてしまう可能性がある。Cookie情報やクエリー文字列は自由に改変できてしまうからだ。
---Webアプリケーションの問題は,認証やセッション管理,入出力チェックの不備により発生することが多い。しかし,Webアプリケーション・サーバー製品はこれらを実現する機能を提供するようになってきた。Webアプリケーション・サーバー製品で開発したアプリケーションにも危険はあるのか
まず,一つの事実として,Webアプリケーション・サーバー製品にもセキュリティ・ホールが報告されている。どんな製品にどのようなセキュリティ・ホールがあるかを知りたければ,SecurityFocusなどのセキュリティ専門サイトで検索してみるといい。
次に,(Webアプリケーション・サーバーが備える)認証などのインフラ部分が堅牢でも,アプリケーションがそれらを正しく使うように書かれている保証はないという事実もある。しかも,そこで開発されたアプリケーションは,テストにかけることができる時間やコストに限界がある。
そして,3つめの事実として,インターネットでは,常に新しいテクノロジが登場し,実用化されていることが挙げられる。それらがWebアプリケーション・サーバーで採用されたりするのだが,新しいテクノロジは多くの場合,最初からセキュアではない。セキュリティ・ホールが発見され,ある時はクラッカに破られながら安全性を高めていったというのがこれまでの歴史だ。残念ながら今後もそのプロセスは繰り返されるのではないか。
日立製作所 エンタープライズサーバ事業部 サーバー統合成功のシナリオ 〜ブレードサーバー選定のポイント
キヤノンマーケティングジャパン ITソリューション事業推進部 異文化の融合によるシナジー効果でお客様に新たな付加価値を提供する
キヤノンマーケティングジャパン レポーティングソリューション商品企画課 最適な「帳票業務の統制」を支援する キヤノンの帳票ソリューション
製品&サービス・ディレクトリ業務アプリケーション設計開発OS/DB/ミドルウエアサーバー/ストレージ
|著作権・リンクについて|個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用について|サイトマップ|

 

[ 540] 独学で極める “Webデザイン”の技と心:第3回 Webデザインは問題を解決する何らかの「目的」がある|gihyo.jp … 技術評論社
[引用サイト]  http://gihyo.jp/design/serial/01/ss-design/0003

この疑問は,たびたびいろいろな場所で話題になっており,「デザイン アート 違い」などと検索すればいろいろな先人の考えを知ることができます。
目に見えるもしくは耳に聞こえる,肌で感じられるなど,必ずしも視覚的なものだけではありませんが,アートにもデザインにも共通する点は,「表現」することだと考えています。
Webデザインで言えば,「視覚ブラウザで見えているものだけがデザインではない」と考えれば,視覚的なものだけではないということがわかりやすいかと思います。
(他者が持つ何かしらの問題を解決することを意図しているため,良いデザインをされることにより,他者に明確なメリットがある)
デザインされている/いないに関わらず,美しいと感じられる作品に対してはアートと思いたいこともありますが,やはり,自分が主体となって創造するものなのか,他者にむけられるものかという違いなのではないでしょうか。
デザインするにあたって,こういった目的をぶらすことなくやり遂げることが大切である上,目的を果たすために考慮しなければならない事柄がいくつかあります。
(ポップなのか落ち着いているのか,シンプルなのか派手なのか,など。また,メタファーがある場合はそのイメージも。配色する上でのキーワードにも影響します)
(CI デザインで決められた書体やカラーを定めていることがあります。Web に落とし込んだ場合,見出しのグラフィックテキストやテーマカラーに影響します)
(ロマンチック・プリティ・ナチュラル・エレガント・カジュアル・ゴージャス・ダイナミック・クラシック・シック・ダンディ・モダン・クール・カジュアル・クリアなどというように,イメージにあったキーワードから連想される配色・トーンを選び,カラープランニングを行います。CIロゴデザインによっては使える色に制約を設ける場合もあります)
(特殊なターゲットによっては,あえて一般的なインターフェースを逸脱する場合もありますが,基本的にターゲットの層にとって使いやすく,見やすくすることが基本)
また,理想的な話かどうか,全てのデザイナーの方に合うかどうかはわかりませんが,私が経験でつかんだコツについてお話します(参考としてご覧ください)。
ロゴがあらかじめ決まっている場合,ロゴにひっぱられないようにラフデザインを起こすとうまくいく場合がある
ロゴはそれ単体で強烈なインパクトを持っている場合があります。ロゴの持つ印象にひきずられすぎると,自然とバリエーションに制約を作ってしまいがちなので,ロゴがあってもなくても機能するデザインを目指したほうが結果的にロゴも馴染んできて,うまくいく場合があります。
デザインカンプを作る際に,まず着色せずに無彩色(グレースケール)でデザインしてみると私の場合うまくいくことが多いです。そのメリットは,色そのものが持つ情報に惑わされることなく,本来の情報の重要度に応じたレイアウト・インターフェース設計ができるからです。情報の重要度がわかると,あとで着色すべき色(アクセントカラーなのか,ベースカラーなのか,等)に迷いが起きません。
色にしても,配置や間隔についても「なぜそうなっているのか」という理由を説明できることが,デザインが目的からぶれないようにするために必要です。これはクライアントワークでなくても常に実践していきたいものです。
家入氏のリリースするサービスからは,いつも人を驚かせたり,楽しませたりしたいという気持ちが伝わり,(意図しているかわかりませんが)毎回驚かされ,楽しませてもらっています。
また,ただ模倣するだけのものではなく,サービス愛を感じるところやパロディの上手さなどがお手本となっています。
私の作ったコクッター!は,目的の話で言うと(仕事としてつくったものではないこともあり)目的の大半が「使っていただく方におもしろがってもらいたい!」というものでしたが,おもしろがってもらいたい気持ちが強烈になるほど細かいところに拘ってみたくなり,デザインがとても楽しく感じられました。
クライアントワークに置き換えた場合でも,クライアントと制作者が同じベクトルで一丸となっていけると,デザインの仕事自体がますます楽しくなり,結果的に質の良いものが生まれると考えています。
エンジニアとして,あるいはビジネスを行う上でのさまざまな必須スキルがあります。ここであらためてスキルについて考えてみませんか。
いま,ITに関わるあらゆる開発業務で注目されつつあるテスト系エンジニアをターゲットにしたコンテンツサイトを展開します。
ノートPCの盗難による企業の情報漏洩事件が後を絶ちません。そこで盗まれても,中のデータだけはアクセスできないようにする必要が出てきます。
昨今のネットやWebをめぐるホットな話題に切り込み,関係者への取材をもとに独自の考察を加える企画です。
季節に合った題材のデザイン画を描いて,それをもとに手作り感覚のちょっとした小物や玩具を作っていこう,マウスをカチカチとクリックしながらクラフトしてみようという企画です。
継続的インテグレーションを支援するためのOSSであるHudsonを使って,開発チームの生産性を向上させるテクニックについて解説します。
今話題のプロジェクト管理ツールであるRedmineの新機能の紹介から,使いやすくするためのカスタマイズ方法,さらにパフォーマンス向上やJavaプラットフォーム上での稼動をテーマとした運用方法を解説します。
メールで次の案内をお送りしております。メールの配信を希望する方は,利用したい項目をチェックしてメールアドレスを入力し,[登録]ボタンをクリックしてください。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。