×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
アルバイト 在庫 三井 払い戻し crBlueBorder purchaseShvlCellBack 鈴木 厳格 移動 快適 お待ち ローン により 上限 手動 女子 健康 試合 registeredImages shvlCloud ネット スタート タレント 業者 温度 製作 佐伯 山本 使用 基本

不足とは?/ プロミス

[ 450] メディア・パブ: Wikipediaが資金不足で3〜4ヶ月以内に閉鎖かも?
[引用サイト]  http://zen.seesaa.net/article/33407146.html

広告が無いのが原因だな。見た目うざくなってもいいから広告出して継続して欲しい。wikiは調べ物にも便利だし暇つぶしに最適。
まぁあれだけの巨大サイトが早々無くなるとは思えんけどなーどこが買収するか?なら興味有るけど。鉄板googleに500メセタ賭けるぜ!ウィキペディアの中立性が損なわれても(元々中立か疑問だし)サイトが存続し、利用できりゃ気にしません。っと、1ユーザの意見。
日本からもうちょっと簡単に寄付できるといいんだけど。寄付した人に対して何かしらのシステム的なメリットを与えてくれるとか。
言論統制されてる国からWikipediaはどうみえているのだろうか。Googleは中国政府に屈して検索内容変えているのは事実だし。買収されるのは圧力が掛かっていくないのでは。普通に広告貼って、収入に透明性もたせればいいのではないのだろうか。一番良いのは寄付だよなぁ。寄付の方法を増やすのと、運営必要費をサイトに表示して寄付を煽るくらいしてもいいのではないのかな。
日本じゃ無理だよ。だって日本のNPO法政は欠陥制度です。NPOを作っても免税の対象にならないから、大した額が集まらない。対決策は認定NPO法人にするくらいかな?だから、私は日本問題だと言ってるの。制度が欠陥なのだから大した額が集まるはずない。アメリカでは、税金を、政府に払うか、民間に払うか選べます。だから、ビル・ゲイツは、バカスカと寄付しまくってるんです。制度設計が違うのだから、日本的な発想で見るのは間違いです。日本では贈与になるんです。課税されるんですよ。その上、寄付しても税金を納めた事にならない。これじゃ、集まるはずがありません。せめて認定NPO法人にして、税金を納めたのと同じ状態にするべき
少なくとも、Amazonとかと連動するだけで相当の収入が得られそうなんだけどね……広告は嫌がられるとしても、紹介されてる商品でアフィやる分には利用者は嫌がらないと思う、というか、むしろ便利になると思うけれど、「特定の組織に荷担した云々」言われちゃうんだろうね……
個人の寄付、という形であれば公正性が保たれるが、例えばマイクロソフトが、あるいはアップルなど企業が寄付、あるいは買い取った途端、信頼性が一気に崩れる気がする。別にその企業に有利になるような情報操作をしなくても、だ。ただでさえネットユーザーは猜疑心が強くて広告ひとつ載せるだけで陰謀論を語りたがる人種が目立つし。っていうか「どこか寄付すればいいのに」ってクチでは言いながら個人じゃめったに金を出したくないのがネット利用者だけどな。俺も含めて(w。
広告載せればいいとか本気でいってるのか?別に俺は広告なんて気にしないが寄付でやってるとこに横から「広告つければいいじゃない、馬鹿?」ってな・・・・
課税対象になるのがNPO法制の欠陥とはいえないでしょう。「運営組織及び事業活動が適正であること並びに公益に資すること」に一定の保証が無いまま免税を認めれば、簡単に反社会性団体の隠れ蓑にされますよ。宗教法人でさえ同じ問題を抱えているのに、NPOまで課税を甘くすれば結果は見えてる。認定NPO法人にして問題が片付くなら、そうすればいい話。
とりあえず3000円寄付してきた。英語で住所等を入力する必要があったけど、日本語表記ならもう少し寄付する人増えるんじゃないだろうか。
→別会社に買い取らせて広告載せる。無料ボランティアご苦労さんwww→Googleに買い取らせるうはっっっwwwwwこんな見え見えの手に書き込んでるボランティアって馬鹿じゃん。なんで3ヶ月分とかちょうど良い額の寄付金が集まるのか謎すぎて笑える。
Excerpt: 9歳の娘の性教育に目の前で行為をやってみせた母親【詳細記事】初夜に拒絶され、その後も一度も交わらせてくれなかった妻との離婚が認められる【詳細記事】タマゴ16万5千個が高速道路に溢れる【詳細記事】牛

 

[ 451] 不足するインターネット系エンジニアの魅力とは? − @IT自分戦略研究所
[引用サイト]  http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/ktrend02/qtrend01.html

自分がしている仕事にどれほどの求人があるのか、気になったことはないだろうか。また、その動向に変化はあるのだろうか。そんなエンジニアの求人動向を紹介する。
インターネットは、多くの企業にとって重要なビジネスの道具になりつつある。Webサイトで企業情報を発信してイメージアップを図ったり、商品の宣伝や販売などにも利用されている。そんな状況の中、いま、新しいタイプのITエンジニアとして市場ニーズが急速に高まっているのがインターネット系ITエンジニアである。インターネット系エンジニアの魅力とは? そして、どのようなスキルや知識が求められるのだろうか。リクルートエイブリックの服部恵美さんに聞いた。
ひと言で「エンジニア」といってもデータベースに詳しかったり、ネットワークの構築が得意であったりと専門性が異なるし、また、職種もそれぞれで異なるのが実情だ。仕事の内容も、例えばソフトウェア開発のプログラマと、企業向けの基幹システムを導入するプロジェクトマネージャでは大きく違う。そんな多種多様なITエンジニアの中にあって、いま、ひときわ注目を集めているのが「インターネット系エンジニア」である。
ITエンジニアの転職を数多くサポートしてきた服部さんによれば、「ここにきて求人企業数が一気に以前の数倍にまで拡大しています。求人企業の増加のスピードに転職希望者の数が追いつかない状況です」という。いま、そこまで市場で求められているインターネット系エンジニアとは、いったいどんな職種なのだろうか。
インターネット系のエンジニアとは、Webサイトやモバイルサイトでのアプリケーション開発や、Webサイトの設計・構築から運営・保守・管理までを手掛けるエンジニアの総称である。実は仕事の範囲、業務の内容は多岐にわたり、例えばJavaでの開発やPHPやPerlなどのスクリプト言語を使用するデータベースに絡む開発から、Webデザイナーと一緒になってWebサイトをシステム側からサポートする役割までさまざまな業務がある。
例えば、ある企業でインターネットを利用した通販ビジネスを展開しようとした場合には、そのフロントエンドとなるWebサイトの設計・構築、Webサイトから物品を購入できるシステムの開発、そして、Webサイトを訪れた利用者の属性や顧客情報をデータベース化して管理する営業ツールの開発など、フロントエンドからバックエンドまでを全般的に担当するケースが多く、守備範囲が広い。
服部さんは、インターネット系のITエンジニアの魅力を次のように語る。「最大の特徴は、仕事の内容が『BtoC』であることですね。ターゲットが一般のコンシューマなのです。自分が開発したシステム、フロントエンドのWebサイトなどを含めて、それらが一般の利用者にどう受け入れられて、どう使われているのか。それが体感できる。作り上げたシステムが明確に『形』となって現れ、時には人気サイトになったりする……。そこが仕事の魅力です」
確かに一般的なシステムインテグレータ(SIer)では、企業向けのシステムを開発するケースがほとんどだろう。どうしてもBtoBのビジネスになると、そこでITエンジニアとして活躍していても、構築した実際のシステムが広く一般の人たちに利用されるのを体感できるチャンスはなかなかない。ましてやプライマリーではないSIer、3次請けや4次請けのSIerのプログラマやシステムエンジニアでは、開発を担当する部分が実際に巨大なシステム全体のどこの部分であるのかも分かりにくく、「指定された納期までに」「指定された開発をひたすら繰り返す」だけの仕事になってしまうことも多いのではないだろうか。
その点インターネット系ITエンジニアの場合、一般のコンシューマ・利用者に非常に近いポジションで、「自分が作ったシステムが多くの人たちにこんなふうに使われている」と肌で感じられるところに、大きな魅力があるといえる。その意味では、インターネット系のITエンジニアは、一般的なITエンジニアのイメージとは少し異なるようだ。異色で魅力にあふれた「ニュータイプ」のエンジニアなのかもしれない。
また、インターネット系のシステムは開発のスピードが速い。通常のSIerでは1つのプロジェクトを2〜3カ月間かけて回すが、インターネット系の開発は1カ月程度で納品にまで結び付くことがある。自分が開発した「成果」がすぐに分かり、それらのプロジェクトが次々に繰り返されていく。そのスピード感も一般的なITエンジニアとは異なるようだ。
それには理由がある。インターネット系の開発は、フロントエンドからバックエンドまでと業務内容が幅広く、しかも、短納期で次々に開発を手掛けていかなくてはならない。そのため1人のエンジニアがプログラミングからシステム開発、顧客との折衝、納期の管理まで全部を担当することもある。いわば、プログラマでもありプロジェクトマネージャでもあることを求められるのだ。
一般的なSIerのITエンジニアのように、プログラマ、システムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャといった「エンジニアのヒエラルキー」は存在しないといってよい。それだけに、本人にやる気さえあれば、若くしてプロジェクトマネジメントも経験できる。顧客との折衝を通じて、ビジネスのイロハを学ぶことができれば、若いうちにはなかなか経験できない「経営的な視点」を知ることもできるかもしれない。
自分の意欲と能力、仕事の発展のさせ方次第で、次々にフィールドを広げて、新たなスキルや経験を身に付けていくことができる。そして、システムを納入した際には、まさに「最初から最後まで自分の力で作り上げ」「それが利用者に使われ」「その企業の利益に結び付く」といったIT系「ものづくり」のだいご味を十二分に味わうことができる。それがインターネット系エンジニアの大きな魅力の1つでもあるのだ。それだけに、求人企業側も「やる気」があって、仕事のフィールドを拡大し、お金を稼げるプロ意識の強いエンジニアを求めている。
魅力ばかりがあるように思えるインターネット系エンジニアであるが、いい面ばかりではないことも理解しておく必要はある。1つは、業務内容が多岐にわたり、本人のやる気次第で仕事を拡大していけるということは、裏を返せば「自分が苦手な仕事もやらされる」可能性があるということだ。システム開発という職種で入社したのに「客先に行ってお金の交渉をしてきて」と頼まれることもあり得るだろう。
インターネット系の開発会社は、大手検索サイトや大手インターネットショップのシステム開発を任されるような実績のあるシステム開発会社からベンチャー企業まで数多く存在する。中には、仕事の分担や社内の責任の所在などが明確でない若いベンチャー企業もある。エンジニアとしてのヒエラルキーがなく自由な雰囲気ではある。が、それだけに「社内の仕組みがあいまい」で、きちっと規定されていないこと、業務範囲や責任の範囲が明確でないことにストレスを感じてしまう可能性もある。しっかりとした企業を選ばないと転職に大きなリスクを伴うことになってしまうのだ。
そうはいっても、やはりエンジニアとして「やりがい」を感じられる仕事であることは間違いないようだ。「37歳の男性や45歳の女性のエンジニアが転職に成功しています。通常のSIerでは年齢的に難しいと判断されるケースが多いのですが、インターネット系ITエンジニアは、本人の『やる気』とそれに見合った経験があれば、年齢や性別が転職の障害になるとはいえません。自分の可能性を広げられる転職も可能なのです」(服部さん)
多くのエンジニアは、自分のキャリアパスをどう構築するかに悩んでいるだろう。プログラマからシステムエンジニアになって、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャへとステップアップしていくのは確かに王道だが、エンジニアとしての道筋はそれだけではないはずだ。
例えば、映画が大好きなエンジニアであれば、「映画の魅力をインターネットを通じて1人でも多くの人に伝える」システムを開発するという発想を持ってみるのはいかがだろうか。視野が広がれば、その世界で自分のスキルや経験を生かすチャンスも広がる。「単純な開発に追われ続けている人、自分の力を発揮できずにくすぶっているITエンジニア……。チャンスが広がるかもしれません」(服部さん)
ただし、繰り返しになるがインターネット系の開発会社への転職はリスクも伴う。インターネット系開発会社には「若い企業」も多いために、求人情報雑誌やWebサイトでは正しくその会社の情報を把握することが難しい。そんなリスクを回避するためにも、人材紹介会社を利用すことをお勧めする。その会社の社風や経営者の資質、実績など正しい情報を得てから、転職を考えても少しも遅くはないのだ。
バックアップ作業時間を最小化するために、同一記憶媒体内にバックアップデータを置くことが、最も有効な方法である。
バックアップ処理を正常に終わらせるために、バックアップ処理と業務処理が重ならないようにスケジューリングするべきである。
@IT自分戦略研究所トップ|キャリア実現研究室トップ|会議室|利用規約|プライバシーポリシー|サイトマップ

 

[ 452] カウンセリングサービス■心理学講座「浮気の心理学〜不足原則〜」
[引用サイト]  http://www.counselingservice.jp/lecture/lec3.html

「先日は個人カウンセリングでお世話になりました。あのとき教えていただいた浮気の心理について、もう一度教えていただけたらと思います。覚えが悪くてすいません。あれ以来、主人の浮気もまったくではありませんが少し理解できるようになり、私もより女を磨くという目標を手に入れることができました。ありがとうございました。でも、くじけそうになることも多く、また近いうちにお願いします。」
でも、そうしてみたところでご主人はあなたの元に戻ってくるかというと、ほとんどそんなことはありません。ますますあなたから逃げて、ある日突然離婚届が・・・なんてことにもなりかねなくなります。
また、最近のカウンセリング事情によれば、特に欧米では、ご主人の浮気を相談しに来た奥さんに対して、カウンセラーは必ず「なんでそんなになるまでご主人を放っておいたのですか?」と聞くそうです。ご主人を責める前に、「浮気をさせた」奥さん自身にも責任を求めるスタイルが主流になってきています。
また、女性としての魅力も原因の多くにあります。結婚して子どもができたり、家庭の主婦として収まってしまうと一人の女性というよりは、家族やお母さんのような存在としてご主人の目に映るようになります。
これと似たものに若さを求めるケースもあります。おばさんになってきた妻よりも、若いぴちぴちした女性の方へ目が行ってしまうケースです。援助交際なんかはまさしくこの心理が働いていると思われます。
それから、奥さんが子育てに夢中になっている間に、ご主人が寂しさを感じ、それを外で紛らわそうと別の女性を作るケースも多いですね。逆に、仕事に夢中になっているご主人にかまってもらえない寂しさから男性を求めるケースも同様に多くあります。
こういう場合は確かにご主人の人間としての未熟さも大きな原因となっていることは確かですが、そこを責めても問題解決にはなりませんので、自分自身を変えていくことを僕たちは提案しています。
ということは、あなたがどういうつもりであっても、ご主人はあなたから安らぎをもらってないという主張と捉えることができるわけです。ならば、あなたはご主人に安らぎを与えることができれば、ご主人はその女性からもらう必要がなくなり、浮気は自然消滅します。
また、もしご主人が浮気相手に若さを求めているとします。「私だってもういい年なんだから、いまさら若さなんて無理だわ」って多くの方は思われます。でも、そうおっしゃる方は自分の美しさや若々しさに対して、ほとんど努力をしていないのも現実です。
そして、そんなチャレンジを繰り返せば繰り返すほど、人間として自信を深めることができます。そんなあなたに対しても浮気をするようなご主人だとしたら、きっとそのときには冷静にご主人を手放す選択もできるかもしれません。
年齢を重ねると体力の衰えなどから新しいことにチャレンジすることに自然と恐れを抱くようになります。でも、その恐れに向き合っていくことが自分自身を新鮮に、元気に保つコツともいえるのです。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。