×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
高速 山本 映画 ガイド 早め ひしひし 合わ 担保 ホビー 下記 日刊スポーツ新聞社 nikkansports 世界 不法 大阪 通販 祝日 バーディー 異動 転向 何らかの bCoreLoaded 初期 追いつき 選定 件数 名前 公告 シャピロ 年来

ライフスタイルとは?/ プロミス

[ 82] ITmedia +D LifeStyle
[引用サイト]  http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/

「ダビング10」へ移行を進めるデジタル放送の著作権管理だが、“気が付いたらそうなっていた”という印象もある。芸団協の椎名和夫氏との映像アナリストの小寺信良氏がコピーワンスの諸問題について激論を交わす。
“ルパンの愛車”もアルファもジャガーも、気になるクルマ最新情報はここを読め! クルマ情報誌とは一味違った特集も必見。
レビュー製品をお買い得価格で購入出来る!さらに限定特価商品やここだけのデジタルガジェットなどを販売中!!
ドコモが自宅ブロードバンド環境と携帯電話を組み合わせ、最大54Mbpsのiモード接続を実現する「ホームU」を開始。利用時はフルブラウザのパケット料金も無料となる。
デジカメや携帯電話で撮影した写真を、プリントアウトせずにそのまま表示できるデジタルフォトフレーム。ちょっと気になるけど、価格の高さに購入を迷っている人も多いのではないだろうか? そんな人にオススメなのが、セガトイズから発売された「デジポッド」だ。
8月の北京オリンピック開幕を控え、各社の薄型テレビ新製品が出そろいつつある。普段なら年末に発売されるフラグシップモデルが春に登場するなど、いつもの常識が通用しないのがオリンピックイヤーだ。力作ぞろいの新製品を一気にチェックしていこう。
行楽シーズンまっただ中。機能充実のコンパクトデジカメでかけがえのない一瞬を気軽に撮影しよう。各社最新モデルのレビューも豊富に掲載。
6月2日に満を持して日本でも発売されるプジョーの新型「308」。特徴的なデザインの紹介に加え、趣向の違う3グレードの比較、人気連載“モテ車”の今井優杏による試乗リポートで、その魅力に迫る。
ドルビージャパンが「ドルビーモバイル」を疑似体験できるiモード公式サイト「ドルビー モバイル エンターテイメント」をオープン。
ヤマハが規格型ボックスタイプの防音室を「アビテックス セフィーネII」としてモデルチェンジし、10タイプを6月1日より発売する。
日本ビクターが7月1日付けで記録メディア事業を分社化し「ビクターアドバンストメディア株式会社」を設立、太陽誘電が65%の株式取得を行う予定。
ドコモが自宅ブロードバンド環境と携帯電話を組み合わせ、最大54Mbpsのiモード接続を実現する「ホームU」を開始。利用時はフルブラウザのパケット料金も無料となる。
ドルビージャパンが「ドルビーモバイル」を疑似体験できるiモード公式サイト「ドルビー モバイル エンターテイメント」をオープン。
ヤマハが規格型ボックスタイプの防音室を「アビテックス セフィーネII」としてモデルチェンジし、10タイプを6月1日より発売する。
日本ビクターが7月1日付けで記録メディア事業を分社化し「ビクターアドバンストメディア株式会社」を設立、太陽誘電が65%の株式取得を行う予定。
デジカメや携帯電話で撮影した写真を、プリントアウトせずにそのまま表示できるデジタルフォトフレーム。ちょっと気になるけど、価格の高さに購入を迷っている人も多いのではないだろうか? そんな人にオススメなのが、セガトイズから発売された「デジポッド」だ。
メルセデス・ベンツのスポーツカー・SLクラス、SLKクラス、プレミアムセダンのCLSクラスが大幅改良。装備の見直しに加え、エクステリアの変更も図られている。
ビザ・インターナショナルが北京オリンピックを記念したフォトコンテスト「Visaムービング・イメージ」の受賞者と受賞作品を発表。
6月2日に満を持して日本でも発売されるプジョーの新型「308」。特徴的なデザインの紹介に加え、趣向の違う3グレードの比較、人気連載“モテ車”の今井優杏による試乗リポートで、その魅力に迫る。
「ロード・オブ・ザ・リング」のニューラインシネマが放つファンタジー大作。製作費の大部分がCGに当てられたと推測される迫力の映像と美しいニコール・キッドマンは必見!
BDソフトの真打ちともいうべき自然ドキュメンタリー。製作に5年を費やし、最新の技術を駆使して撮影した映像に圧倒される!
テレビの新商品ラッシュが落ち着いたところで、少しホームプロジェクターの現状についても書いておきたい。薄型テレビの価格が大きく下がってきているが、プロジェクターの良さは大画面テレビとは全く異なるものだ。
エポック社が各地で働きながらゴールを目指すボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム+2 お仕事編」を発売。「出張命令」「格下げ」なんてドキッとするルールも。
オリンピックを控え、各社から薄型テレビの新製品が発表されている。ボーナス前という微妙な時期だが、“今”売れているモデルはなんだろうか。
ティアックが「DR-1」専用アクセサリーキットを発売。三脚やマイクスタンドを利用しての録音などが可能になる。
ローランドが手軽に持ち運べる電池駆動対応の小型アンプ内蔵スピーカーを発売。音楽鑑賞から楽器演奏、プレゼンテーションまで幅広く利用できる。
ユニデンが地上デジタル放送の受信環境を確認するサービスを実施。確認後に同社でテレビやチューナーなどを購入すると、調査費用分が値引きされる。
英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズは、同社キャビンアテンダントが着用してきた歴代制服のファッションショーを開催。CAを目指す学生たちがモデルを務め、初々しい笑顔がこぼれた。
ソニースタイルがウォークマンとRollyに5曲のソウルミュージックをプリインストールしたスペシャルパッケージを発売。
異なる2つのジャンルをクロスさせて新しいスタイルを提案する、ホンダ新型車「クロスロード」発売記念プロジェクト「クロス・ファクトリー」。しょこたんが広報担当になって、開発過程を追いかける!?現在第4弾も更新中。
最近、個人的に注目しているのが20〜16インチ程度の小型液晶テレビだ。以前は小型テレビといえばコスト最優先の製品ばかりで、画質に関してはさほどケアされていないものが多かった。ところが最近は事情が変わっている。
今年はオリンピックイヤー。かつてほど爆発的に売り上げが伸びるわけではないが、それでもやはり通常期よりは市場は盛り上がるため、各社は商機を逃がすまいと、独自の戦略で新製品を投入している。まずは東芝とパナソニックを取り上げ、新製品の傾向を探ってみたい。
ソニーのBRAVIA「M1シリーズ」は、ポップなスタイルと豊富なカラーバリエーションを持つパーソナル液晶テレビ。単に大型テレビをスケールダウンしたような製品が多い中、明らかに小型テレビのために設計されたデザインだ。その外観と機能性をチェックしていこう。
春は、入学や就職のために新しい生活を始める人がもっとも増える季節。部屋のふんいきを決めるテレビの選択には少し気合いを入れたいものだ。そこで今回は、一人暮らしや個室利用に適した20V型前後の液晶テレビを紹介しよう。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。