×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
使用 メールアドレス 新しい タレント 語っ 担当 simplePopover 不足 ヶ月 指標 下さい ? 毎回 劇的 買い物 特長 所定 ラッキー レディース purchaseShvlCellBack リンク 自動車 ダウンロード 特長 国際 違っ アップ により フリー サーバ

エディカードとは?/ プロミス

[ 246] スヌーピーEdyカード-UFJカード
[引用サイト]  http://www.ufjcard.com/credit_card/snoopy_edy/index.html

プリペイド型の電子マネーサービス「Edy(エディ)」。事前にカードにEdyチャージ(入金)しておけば、繰り返し何回でもキャッシュレスでお支払いができるのでとっても便利。コンビニでのお買い物やインターネットショッピングにご利用いただけます。
パソリをパソコンに接続し、スヌーピーEdyカードをセットするだけでご自宅でカンタンにEdyチャージ(入金)ができます。
パソコンに接続し、スヌーピーEdyカードをセットするだけでカード情報を読み取るICカードリーダ・ライタです。Edyチャージ(入金)に、Edyが使えるインターネットサイトでのお買い物にご利用いただけます。
「パソリ」はスヌーピーEdyカード到着から1〜2週間後に、カードとは別便でお届けいたします。また、「パソリ」標準装備は本会員の方のみを対象とさせていただきます。
パソリの動作環境について「パソリ」は日本国内にお住まいで、以下の環境*でインターネットを利用できる方にお使いいただけます。
スヌーピーEdyカードのご利用金額に応じてたまったポイントを、かわいいスヌーピーグッズなどと交換できます。スヌーピーEdyカードでEdyチャージ(入金)すれば、チャージ金額分もポイント加算されます。
お得なキャンペーン情報、楽しいスヌーピーの情報などが満載の情報誌です。毎月、スヌーピーEdyカードのご利用明細書と一緒にお届けします。
※海外旅行傷害保険、ショッピング保険の適用期間は、三菱UFJニコスへお届出いただいた卒業予定年月の末日までとなります。
スヌーピーオリジナルデザインのクールなETCカードです。このカードと車載器があれば、料金所をスムーズに通過できます。スヌーピーEdyカードと一緒にぜひお申し込みください。
高額なお買い物や、お買い物が重なってお支払い金額が大きくなりそうな時、月々一定のお支払いにできるリボ払い専用のカードです。2枚目のスヌーピーカードとして、あなたのショッピングをかしこくサポートします。
キャッシングサービス、カードローンご利用可能枠は、ご指定された融資ご利用希望枠の範囲で審査し決定した額となります。キャッシングサービス、カードローンご利用可能枠を変更する場合は、別途書面でのお申し込みが必要となります。
カードを複数枚お持ちいただく場合は、それぞれのカードご利用可能枠の範囲でご利用いただけますが、カードのご利用金額の合計がお持ちいただくカードのうち最も高いご利用可能枠を超えない範囲となります。(カードローンご利用可能枠は、初回に利用したカードに設定されます。その他のカードではご利用いただけません。)

 

[ 247] Edy - Wikipedia
[引用サイト]  http://ja.wikipedia.org/wiki/Edy

この項目「Edy」は加筆依頼に出されており、内容をより充実させるために次の点に関する加筆が求められています。
1999年から2000年秋頃まで、ソニーとソニーファイナンスインターナショナルは、さくら銀行(現三井住友銀行)・三井不動産などと合同で、東京都品川区内のゲートシティ大崎のビル内に入居する企業(主にソニーグループ・三井不動産など)の従業員を対象に、同ビル内の売店や社員食堂・自動販売機で扱える、FeliCa を用いた電子マネーオペレーションのモニターテストを実施した。
ビットワレットは更に提携企業・加盟店を増やし、各種のキャンペーンを催すなどして、日々利用者数・発行枚数が増大している[要出典]。
2006年10月には一部の高速バスでもEdyが利用できるようになっている。また高速道路会社各社もEdy及びポストペイ決済導入には積極的で、サービスエリア等の売店や自動販売機へのカードリーダー搭載も行っている。
7月10日にはファミリーマート全店で、8月23日から8月31日にかけてはローソン全店でと、大手コンビニ2社で相次いで取り扱いを開始した。 これで、最大手のセブン-イレブン以外すべてのクオカード対応コンビニでEdyが使えるようになった。
PRONTOの場合は、クレジットカード型への切り替えの場合にのみカード返却の際に発行費用500円が返還される。しかし、それ以外の発行体では一般にデポジットのようなカード返却による返金の扱いは無い。
また、大学院大学では北陸先端科学技術大学院大学が2007年9月26日より切り替え、導入を始めた。大阪工業大学では2008年度より学生証がこの形式に切り替わり、授業の出席確認や学内にある端末を利用して様々なサービスを受けることができる。
最も多くの発行体によって発行されているタイプであり、クレジットカードにEdy機能を付加したもの。代表的なものとしては、各社発行の「eLIOカード」や全日空の「ANAカード」などがある。プロパーカードで発行費用や入会金が必要とされるような場合であっても、クレジットカード一体型の方は無料で加入できるようになっている発行体が多い。
みずほ銀行法人口座キャッシュカードや、スルガ銀行ANA支店、大垣共立銀行、イーバンク銀行などで発行されている。
三菱東京UFJ銀行では「スーパーICカード」の名称で、キャッシュカード・クレジットカード・Edy機能の3つが一枚に収まったカードを発行している。
NTTドコモ・au・ソフトバンクモバイル各社のおサイフケータイでは、『電子マネー「Edy」アプリ』をダウンロードしてから初期設定すればEdyを利用できる。 おサイフケータイの機種によっては、あらかじめ『電子マネー「Edy」アプリ』がインストールされているものもある。その場合は初期設定を行うだけでEdyを使うことができる。
各種キャンペーンの一環で、フィギュア型のEdyが発行されたことがある(フィギュアの台座部分にFeliCaが埋め込まれている)。使い勝手自体はカード型のものとおよそ同じである。
おサイフケータイの場合は更に「Edyアプリ」上(口座振替の場合は各行のモバイルバンキングアプリ)でのオンラインチャージも可能である。
残高不足の場合は、差額を現金で支払うほか、複数のEdy(合計5つまで)を用いて残金を充当することも可能である。
自動販売機の場合も、同様にリーダ・ライタ部に金額が表示され、Edyを触れさせれば決済完了となるが、残高不足の場合、現金や複数個のEdy併用ができない機器もある。
ネット上では複数個のEdyによる残金充当や、クレジットカードなど、他の決済手段との併用は出来ないので、チャージ限度額の5万円以上の決済は不可能である。
なお、2007年5月までに発売されたソフトバンクモバイル(前身のボーダフォンを含む)の端末では本サービスは利用不可となっていた。この件に関して、ビットワレット側からは対応不可の理由など詳細は一切発表されなかった。
対象店舗で特定の期間内にクーポンのように利用できるもので、サイトであらかじめEdy番号を登録することにより、対象店舗において後日Edyギフトによる還元などの特典を受けられる。
あらかじめパソコンやおサイフケータイでサービス登録をすると、すべての対象店舗で特典を受けられるもの。スマイルクーポンとは違って、一度サービス登録をするとすべてのハッピー優待対象店舗でEdyギフトの還元などの特典を受けられる。登録時には、カード型の場合PaSoRiかFelicaポート搭載のパソコンが必要となる。
一部の高速道路のサービスエリアでも、インフォメーションセンターにEdyギフト受け取り用端末の設置例がある。あらかじめ送付元にEdy番号を申告しておく必要があるが、Edy番号が間違っている場合や、受け取り期限(最長60日)を過ぎてしまうと受け取りができない。余談だが、おサイフケータイにおいて、ネットバンキングEdyチャージを行う場合にも、見かけ上Edyギフトを利用している。
Edyは前払式証票の規制等に関する法律に定める第三者発行型前払式証票である為、同法に定める第三者型発行者が発行する。これをバリューイシュアと呼ぶ。バリューイシュアは以下の通り。
前項の通り複数のクレジットカードにもEdyが搭載されている。この場合、EdyバリューのオンラインチャージはそのEdyと一体のクレジットカードからのみ可能(いわゆる「自己チャージ」)である。
FeliCa の特性を生かし、Edyカード一体型の社員証や学生証を発行することで、身分証明書として付加価値を高める試みも行われている。この社員証・学生証では、カードをドア脇のカードリーダーにかざすことで個人認証を行い解錠したり、食堂や売店、自動販売機での支払いにEdyを用いたりすることができる。金沢学院大学、湘北短期大学、愛知大学、東京商科学院・東京法科学院専門学校、大阪工業大学、摂南大学、京都学園大学、神奈川工科大学、東洋学園大学、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、ソニー、三菱重工、大日本印刷、ニコン、ANAなどで導入された。
ポプラグループは2005年11月より全国のポプラ・生活彩家・スリーエイト・くらしハウスでEdyを導入している。
1,000円単位のチャージに対応するコンビニエンスストアが多いが、am/pmやポプラグループの店舗では現金で払った金額の釣銭をEdyにチャージすることができる「釣銭チャージ」に対応している。なお、これらの店舗では1円単位でのチャージが可能である。サークルKサンクスでも「釣銭チャージ」は可能だが、単純にチャージを申し出た場合は1,000円単位となる。
コンビニ以外で1円単位でチャージができるのは茨城県に本社をもつワンダーコーポレーションのワンダーグーと携帯電話専門店のビーワンダーが唯一である。また同じく茨城県に本社をもつケーズデンキは一部の店舗にEdyチャージャーがあるが未設置の店舗が多い。未設置の店舗ではチャージができない[10]。
2002年からeLIOカード向けとして開始されたクレジットカードによるオンラインチャージは、2003年からソニーファイナンスインターナショナル以外の提携クレジットカード会社にも取扱が広がり、これによってクレジットカードが利用ができない店舗でも、Edy 利用が可能な場合には、間接的にクレジット購入が出来るようになった。
また、コンビニエンスストアでの各種料金収納代行(公共料金や公金等、例として一部地方・一部機関での電気・ガス・水道・電話料金等や、一部地方での地方税、自動車税等、固定資産税、国民健康保険料、国民年金保険料。その他、一部の生命保険・火災保険等)についても、Edyが利用可能なコンビニであれば間接的にクレジット支払いが出来たのだが、ビットワレットは収納代行の支払いに使用することを禁じる旨をコンビニ各社に通告したため、am/pmとファミリーマートは2008年4月1日から、ポプラは2008年5月1日以降、サークルKサンクスは2008年7月1日以降はEdyでの収納代行受付は不可能となる[11]。
また、ビットワレット側は2005年からサービス登録時にクレジットカード裏面のセキュリティコード(CCV・CVC)の入力要求がなされるようになり、幾度か規定が改正された。なお、Edyにクレジットカードを紐付けを行う最大枚数は一人当たり5枚/台までとするようにとの案内が公式サイトに明記されている[12]。クレジットカード1枚に付きEdy5枚/台ではないことに留意されたい。
さらに一部のクレジットカード会社では、Edy バリューのオンラインチャージが換金性商品の購入であるとみなして[要出典]、利用額や頻度によって一定のリミットを超えた場合、一時的にクレジットカードの利用をストップされるような場合がある。イーバンク銀行の「イーバンクマネーカード」での事例だが、一時に3枚の登録を連続して行った結果、デビットカードの機能をストップされた事がある。[要出典]当該会員の決済パターンから逸脱すると、「不正使用」を懸念してストップを掛けるようであり、一般的なクレジットカード会社でも同様の対応を取る可能性がある。
2006年ころから、「コンビニエンスストアでの料金収納代行により利用代金を支払うことができ、なおかつEdyチャージでポイントがつくクレジットカード」を利用した不正手段が横行した[要出典]。すなわち、「当該クレジットカードでEdyのオンラインチャージを行い、チャージしたEdyで当該クレジットカードの利用代金を支払う」という方法である。この方法を使えば、1円も買い物することなくクレジットカードのポイントのみを得ることができる。
一部インターネットコミュニティではこのような行為を「永久機関」と呼ぶことがある。このような行為はクレジットカードの利用規約に違反する、場合によっては偽計業務妨害罪や詐欺罪に該当しうる行為である[要出典]。
国税庁のタックスアンサー[13]によると、第17号の1文書(売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書)は、金銭又は有価証券の受領事実を証明する目的で作成されるものである。
Edyでの決済においては金銭又は有価証券の受領事実がないため当該文書にあたらず従って収入印紙は貼付されない。電子マネーを用いた決済をどのように処理するかは企業により見解が異なる為、業務上の経費として決済する際にはあらかじめ自社の経理担当者に確認されたい。
なお、5枚のEdyを支払いに用いることが可能であるサークルKサンクスでは3万円以上の取引の場合、通常の取引と同様、収入印紙を貼付している。
^ ただし同県日立市にある日立北パワフル館は旧ワンダーステーションの店舗で当初はワンダーグー、ビーワンダーコーナーを除きケーズデンキに引き継がれた。その後ワンダーグーコーナーは閉店したがビーワンダーコーナーは残っていて同店舗でEdyを導入したためケーズデンキのみの利用者であっても外に出ることなくビーワンダーコーナーのレジで1円単位でチャージができる。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。