×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミスのサイトです。
ニコスカード 取引 社会 multiPanePopover 単独 DynUpObject 一員 早い undefined 重視 解除 連絡 取り巻く を通じて サッカー 済み 条件 レディースメイト トップ 安全 おすすめ オプション 目的 誕生 インタビュー 注記 ホテル リアル userAgent ベリサイン

インタビューとは?/ プロミス

[ 440] スラッシュドット・ジャパン : アレゲなニュースと雑談サイト
[引用サイト]  http://slashdot.jp/interview/

高画質なゲームを作ろうとすると、どうしても容量が大きくなってしまうことは理解できる。だが、やっと戦争が終わったBlu-ray、HD-DVDの存在自体にいちゃもんを付ける人が現れたことに、「時代の流れははえーなー」と感心してしまう。
私たちGoogleの人間が自然言語に関して重要だと思うのは、単語をいかにユーザが探している概念へマッピングするかということです。キーワードではなく、一まとまりの質問文として検索できるようになるのが、大進歩だとは思えません。(中略)単語がどのようにいっしょになるのかを理解するのが重要なのです。(中略)これが自然言語という側面において私たちが現在注力していることです。私たちがやっていることの大半は、単語とフレーズのレベルです。センテンスには注力していません。
10/1にMSN毎日の終了にあわせて毎日jpがオープンしましたが、それを記念してティム・オライリー氏への単独インタビューを行ったとのこと。
全体的には今更なものと言えないでもありませんが、ハリー・ポッターやWikipediaなどのとっつきやすい話題を用いた平易な表現でWebの将来を説くものなので、周りのアレゲではない方々に一読を勧めてみてはいかがでしょうか。
この三月、Wikipediaの創始者にしてWikimedia財団の終身理事である、ジンボ・ウェールズ氏が来日する。それにあわせて、3月18日(日)にジンボ氏に対して公開インタビューを行うことになった。場所、スケジュールなどはページを参考にしてほしい。また、この際に行う公開質問の内容も募集している。インタビューの定員は50名だが、既に20名近い参加者がいるので、希望する方は要領にしたがって早めに申し込んでほしい。質問を書く際には、Wikipediaのみならず他の各種プロジェクトも考慮していただけると良い質問になると思う。
全体からすると、現在のオライリーの興味の半分は、いわゆる「エンタープライズ2.0」に向いているのではないかという気もする。もうWeb2.0については聞き飽きた人も多いかと思うが、このストーリーにもあるように、ユーザーの存在が大きくなっているのは間違いないだろう。そして、
スラッシュドット・ジャパン・インタビューの第3回目は、優れたハッカーとして知られるmiyagawaこと宮川達彦さんにお願いしました。
たびたび登場しているサイバー法学の第一人者、ローレンス・レッシグ・スタンフォード大学教授にお願いしました。
IBM 1620の話がよかったが、全体として人生の大半をコンピュータ業界の激動と共に渡り歩いてきた技術者の生きざまが感じられるいい記事である。"
時期的にもまず「Vistaでセキュリティ面が具体的にどう変わるのか」が気になるところですが、その他にも、ソフトウェア開発段階での取り組みとその内幕、サードパーティへの働きかけ、平均的ユーザーとマルウェア対策、FOSSに対する見解などが話題に上っています(原文)。

 

戻る

プロミスのサイトです。

プロミスのサイトです。